同棲
騒音による近所迷惑には要注意。
同棲
相手の指摘は、できるだけ素直に受け止めること。
同棲
立場や年収が違っても、同棲の主役は、あくまで2人。
同棲
同棲の部屋探しでは、インターネットが欠かせない。
同棲

同棲を仲良く楽しく過ごす
30の方法

  • 同棲を始めたら、
    できるだけ生活リズムを合わせる。
同棲を仲良く楽しく過ごす30の方法

もくじ
  1. 同棲を始めたら、できるだけ生活リズムを合わせる。

    同棲を始めたら、できるだけ生活リズムを合わせるようにしましょう。
    自分の人生だから、就寝時間も起床時間も自由にしたいと思う人もいるでしょう。
     

  2. 同棲に協調性は必要であっても、こだわりすぎないこと。

    協調性とは何か。
    協調性とは、周囲の人とうまく調和していく性質のことをいいます。
    同棲では協調性が欠かせません。

  3. 挨拶とは、相手の存在を認めること。
    挨拶なくして円滑な関係はあり得ない。

    一緒に暮らし始めても、挨拶だけは続けましょう。
    いついかなるときも、挨拶だけは必要不可欠。
    仲がいいときだけではありません。

  4. 相手の家事に不満があっても、自分のやり方を押し付けないこと。

    同棲では、自分のやり方を押し付けないよう注意しましょう。
    2人が一緒に暮らし始めると、相手の家事のスキルが分かるようになります。
    思っていたより上手ならいいのですが、問題は、思っていたより下手な場合です。

  5. 苦手や不慣れは「挑戦」と考えると、緊張が吹き飛び、やる気が出る。

    同棲生活は、苦手と不慣れの連続です。
    炊事では、苦手な調理をすることがあるでしょう。
    掃除では、なかなか落ちない汚れに苦戦することもあるでしょう。

  6. 家事のモチベーションを上げるコツは「2人のため」を意識すること。

    「家事のやる気が出ない」
    そんなとき、家事のモチベーションを上げるコツがあります。
    「2人のため」を意識することです。

  7. 同棲で大切なのは、譲り合いの精神。

    同棲では、譲り合いの精神が大切です。
    もちろん普段から大切な心がけですが、結婚前提の同棲では特に大切です。
    2人で暮らすとなると、一方が妥協しなければいけない場面に遭遇します。

  8. 学生同士の同棲で心がけたい3つのポイント。

    学生同士の同棲の場合、2人の立場や年齢が近いのが特徴です。
    2人の立場や年齢が近ければ、話も価値観も合いやすく、コミュニケーションが取りやすいでしょう。
    交際をある程度続けていれば「同棲しよう」という話に発展するのは珍しくありません。

  9. 社会人同士の同棲で心がけたい3つのポイント。

    社会人同士の同棲は、どんな特徴があるのでしょうか。
    一言で言い表すと「収入に余裕はあっても、心と時間に余裕がない」という状態です。
    社会人同士で同棲をする場合、2人に仕事があるので、経済的に余裕が出やすくなります。

  10. 社会人と学生の同棲で心がけたい3つのポイント。

    社会人と学生が同棲をすることがあります。
    その1つが「男性側が社会人・女性側が学生」というパターンです。
    このパターンの場合、男性のほうが年齢も立場も高いので、女性は頼りやすくなるでしょう。

  11. 学生と社会人の同棲で心がけたい3つのポイント。

    同棲では、お互いの立場によって注意点が異なります。
    一言で「同棲」といっても「学生同士の同棲」と「社会人同士の同棲」は意味が違います。
    「男性側が社会人・女性側が学生」というパターンもあります。

  12. ニートや無職の人と同棲するときの注意ポイント。

    ニートや無職の人の同棲は、ありでしょうか。
    同棲を検討しているカップルの中には、相手がニートや無職という場合もあるでしょう。
    もともと働いていた人が、同棲中に事情があって失業したなら、まだいいのです。

  13. ルールや役割分担を決めるときは、楽しむ気持ちになろう。

    同棲を始めて最初にすることの1つ。
    それは、ルールや役割分担を決める作業です。
    ルールや役割分担を2人で決めるとき、どんな印象を持ちますか。

  14. 「ルール」と思うから、つらくなる。
    「自分との約束」と思えば、楽になる。

    同棲では、多くのルールを作ります。
    2人が一緒に暮らす生活では、好き勝手に生活するわけにはいきません。
    共通のルールを作ると、いちいち考えたり相談したりする手間が省けます。

  15. 独自のルールで、ルール厳守が持続する仕組みを作る。

    きちんとルールを運用するために、ルール厳守が持続する仕組みを作りましょう。
    同棲では、ルールの運用が欠かせません。
    ルールの運用は、個人の意思と努力に任せるのが基本ですが、落とし穴もあります。

  16. ワンルームで個室を作るなら、カーテンを活用する。

    同棲では、できるだけワンルームを避けるのが賢明です。
    ワンルームの場合、どうしてもプライベートが曖昧になりがちです。
    寝室・居間・台所が1室になるため、窮屈になるでしょう。

  17. 金銭感覚が違うなら、できるだけ同じにすればいい。

    同棲では、お互いの金銭感覚が違って苦労することがあります。
    自分が「安い」と思うものを、相手は「高い」と言う。
    自分が「高い」と思うものを、相手は「安い」と言う。

  18. テレビは、2人をつなぐコミュニケーションツール。

    2人でテレビを見るとき、どんなスタイルになっていますか。
    黙々とテレビを見ていませんか。
    もちろん黙ってテレビを見ていたほうが、番組内容に集中できるでしょう。

  19. 生活にハグの習慣を取り入れ、愛情と恋人気分を保つようにする。

    同棲では、油断すると、すぐ怠けた生活になってしまいます。
    少なからず相手の本性が見えてしまい、幻滅することもあるでしょう。
    夢の同棲生活も、実際に始まると、現実を突きつけられます。

  20. 話す力は大切。
    聞く力はもっと大切。

    同棲中は、コミュニケーションを大切にしましょう。
    毎日の挨拶は欠かせない習慣です。
    コミュニケーションがあってこそ、円満な同棲が実現します。

  21. 相手の気持ちは、完全に理解できなくていい。
    大切なのは、相手の気持ちを理解しようとする姿勢。

    相手の気持ちは、完全に理解できなくていいのです。
    生まれも育ちも違う2人。
    親も違えば、生きてきた長さも違います。

  22. 同棲で朝起きられないときの3つの対策。

    同棲中、朝起きられなくて困ることがあります。
    自分が起きられないこともあれば、相手が起きてくれなくて困ることもあるでしょう。
    朝は、1日全体のリズムを決める大事な瞬間。

  23. 彼女の生理痛を理解する、シンプルな方法。

    彼氏として、彼女の生理痛を理解しましょう。
    同棲では、別れて暮らしているときとは違い、彼女の生理事情を無視できません。
    彼女の体調は、自分にも関係する問題です。

  24. 同棲をしているからといって、友達を捨てる必要はない。

    同棲を始めると、友達との付き合い方に悩むことがあるでしょう。
    「同棲を始めたら、友達と会うのは控えたほうがいいのではないか」
    「パートナーに集中したいから、友達と距離を置きたい」

  25. 外出理由が気になっても、必要以上に聞きすぎないこと。

    同棲中、相手の外出理由を聞きすぎないことが大切です。
    同棲を始めると、友達と遊びに行くとき、理由を求められることがあります。
    休日に相手が外出すると分かれば、理由・行き先・帰宅時間が気になるところでしょう。

  26. 「ストレスが多い」という相談は「余裕を作りたい」に言い換えよう。

    同棲環境のストレスに悩んだら、相手に相談です。
    「部屋が狭い」
    「自分の時間が少ない」

  27. 2人でダイエットをすれば、スリムと節約を同時に実現できる。

    スリムと節約を同時に実現できる裏技があります。
    それは「2人でダイエットをする」という方法です。
    2人とも肥満体型に悩んでいるなら、同棲中、2人でダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

  28. 時間と体力を節約できるなら、最新機器の導入も選択肢。

    同棲では、家事を効率よく進めることが大切です。
    1日は24時間しかありません。
    自分の体も、1つしかありません。

  29. ダメ出しが多くなると、2人の関係も悪くなる。
    感謝や褒め言葉が多くなると、2人の関係もよくなる。

    同棲が長くなると、何でも言える関係になるでしょう。
    思ったことを何でも言い合える関係は理想的です。
    本当に打ち解けた関係になると、相手の欠点や弱点も、顔色を気にせず言えるようになります。

  30. 同棲の悩みは、誰に相談するべきか。

    同棲では、悩みを抱えることがあります。
    同棲の悩みは、相談相手の選び方が大切です。
    相談相手を間違えると、真剣に聞いてもらえなかったり噂が広まったりなど、かえってこじれる可能性があります。

同じカテゴリーの作品