人生の教科書



読み上げ動画・音声

同棲のお生活費える
30ポイント

お気に入り0 読んだ
23

貯金は、
目標額設定したほうが、
まりやすくなる

金をするなら、目標額の設定をおすすめします。

目標額を設定しないで貯金を始めることもできますが、曖昧な状態になりがちです。

 

たしかに貯金が多ければ多いほどよいものですが、それでは終わりがありません。

目標額のない貯金は、終わりのない戦いです。

貯金してばかりでは、いくら貯まったときに使っていいか分かりません。

「とにかくお金を貯めよう」「少しでもたくさん貯金しよう」というだけでは、具体性に乏しい。

いくらお金を貯めても、まだ足りない気がしてきて、心が落ち着きません。

いくらお金を貯めればいいか分からないと、なかなか貯金のモチベーションも上がりません。

そこで必要なのが、貯金の目標額です。

目標とする貯金額を設定しておくと、どれだけお金を貯めればいいか分かるようになります。

お金が貯まるにつれて「目標額まで、あと20万円」と具体的な数字で分かります。

「もう少し頑張ろう」と踏ん張りやすくなります。

気持ちをコントロールしやすくなるため、衝動買いを抑止できます。

無駄遣いが減って、節約もはかどります。

目標額を達成したら旅行に行く話にしておくと、将来に夢ができて、さらにモチベーションが高まります。

やみくもに貯金するのではなく、具体的な目標額を設定しておきましょう。

 

ただし、目標額の設定の仕方に注意点があります。

貯金の目標額は、あくまで現実的なラインに設定しておきましょう。

一生かかっても貯めることができないような目標額では、実感が湧きにくいため効果が半減します。

目標額を設定するなら「頑張れば、数カ月で達成できそう」という程度がいいでしょう。

現実的な目標額だからこそ、実感が湧きやすくなって、モチベーションが高まります。

貯金は、目標額を設定したほうが、貯まりやすくなるのです。

同棲のお金と生活費を考えるポイント その23

  • 貯金は、
    目標額設定する
同棲の基本は共働き。
子供がいない今のうちに、しっかり貯金を貯めておこう。

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品