人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
同棲
共通の財布からプレゼント代を出すのは、マナー違反。
同棲
デート代は、共通の財布から出すのがよい。
遠距離恋愛
デート費用を厳密に管理するなら、共通の財布を作る方法もある。
同棲
お金に関して、パートナーに甘えすぎない。
同棲
同棲を始めても、2人の財布は別々にしておくほうがいい。
同棲
同棲の悩みは、誰に相談するべきか。

同棲のお生活費える
30ポイント

お気に入り0 読んだ
5

共通財布って、
管理役立てる

共通の財布を作って、お金の管理に役立てる。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

棲を始めても、2人の財布は別々にしておくほうがいいでしょう。

同棲しているとはいえ、結婚前の関係です。

完全に2人の財布を1つにするのは早すぎます。

個人的に使いたいお金もあるでしょう。

万一のリスク管理としても、結婚するまでは、財布は別々にしておくのがベターです。

 

ただし、共通の財布を作るのは自由です。

むしろ共通の財布は作っておくほうがいいでしょう。

「2人の財布は別々にしたまま、共通の財布を作る」というイメージです。

共通の財布を、貯金や生活費として活用すると便利です。

 

たとえば、2人の生活に必要な生活費は、共通の財布からお金を出すようにします。

家賃・電気代・水道代・ガス代・インターネット代などは、共通の財布から支払う仕組みにしておけば、2人の財布は傷みません。

また結婚に向けた貯金は、共通の財布に入れるようにします。

毎月一定額を共通の財布に振り込む仕組みにしておけば、2人が協力しながら貯金している実感が得られるでしょう。

お金がどんどん貯まっていく様子を2人で確認し合うと、結婚に近づいている実感も得られるでしょう。

どの銀行にも、毎月一定額を自動送金するサービスがあるので、これを利用すると入金の手間暇も省けます。

「個人の財布」と「共通の財布」を分けておくと、お金の管理もしやすくなるメリットもあります。

任意の心がけですが、もし2人の好みが合えば、ぜひ試してみてください。

同棲の段階から、夫婦としての一体感も得られやすくなります。

同棲のお金と生活費を考えるポイント その5

  • 共通財布って、
    貯金生活費として活用する
家事や生活費は、男性が多めに負担しておくとよい。

もくじ
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

同じカテゴリーの作品