同棲
同棲中の生活費に「予備費」を作っておこう。
同棲
同棲で一番大切なルールは、お金。
同棲
家事や生活費は、男性が多めに負担しておくとよい。
同棲
同棲中に見栄を張ると、結婚が遠のく。
同棲
家計簿は、節約の第一歩。
同棲
お金のゆとりは、心のゆとり。
同棲

同棲のお金と生活費を考える
30のポイント

お気に入り0 読んだ
27

同棲の生活費が足りない場合、
どう補うか。

同棲の生活費が足りない場合、どう補うか。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

「どうしても同棲の資金が足りない」

うまくいくだろうと思った同棲でも、実際は分かりません。

いざ始めてみると、生活費が足りない現実に直面して、生活に四苦八苦することがあります。

生活費が足りないとき、どうするか。

  1. 友達から借りる
  1. 奨学金を使う
  1. 消費者金融から借りる

それぞれ今すぐお金が手に入る手段ですが、どれも現実的ではない選択肢のため慎重になったほうがいいでしょう。

友達から借金をすれば、もし返せなかったとき、必ずトラブルに発展します。

消費者金融から借りると、高い利子のため、後から返済に苦しむことになるでしょう。

奨学金は本来、学業に充てるものであり、同棲や生活費に充てるのは不適切です。

同棲の生活費が足りない場合、次の3つの対策が現実的です。

(対策1)
アルバイトを頑張る

最も現実的な対策としては、アルバイトです。

節約をして、それでも生活費が足りないなら、自分で働いて稼ぐしかありません。

最初から誰かを頼るより、まず自分たちの力で何とかします。

余った時間を見つけて、週に1日でも2日でもアルバイトをして稼ぎましょう。

「働くのは嫌だ」と言っている場合ではありません。

アルバイトで少しでもお金を稼げば、生活費が楽になります。

(対策2)
家賃の安い部屋に引っ越す

生活費で最も大きな比重を占めるのは、家賃です。

家賃は固定費なので、毎月一定額が支出されます。

食費や水道光熱費は変動費であり、努力次第で減らすことは可能ですが、限界もあります。

高い家賃のせいで生活が困窮して追い詰められているなら、家賃の低い部屋に引っ越すのが現実的な対策です。

少し通勤通学に遠くなるとしても、破産するよりはベターです。

敷金・礼金が心配なら、敷金・礼金のかからない部屋を探せばいいだけです。

仲介手数料が無料の不動産会社を頼ったり、自分たちで引っ越し作業を済ませたりすれば、さらに費用を抑えられます。

家賃は毎月発生する支出なので、引っ越しをするなら、決断はできるだけ早いほうがいいでしょう。

(対策3)
親を頼る

親の経済力を頼るのも、1つの選択肢です。

もしお金が足りないときは、親を頼れないか考えてみてください。

見栄やプライドを捨て、恥を承知の上、親に資金援助を申し込みます。

親によっては、快く援助してくれる可能性もあるでしょう。

小言を言われたり叱られたりするかもしれませんが、未熟な自分たちを素直に認め、反省しましょう。

まとめ

同棲のお金と生活費を考えるポイント その27
  • 同棲の生活費が足りない場合、現実的な対策で乗り切る。
節約にも限度がある。
本当に必要なことには、きちんとお金を使おう。

もくじ
同棲のお金と生活費を考える30のポイント
同棲の生活費が足りない場合、どう補うか。 | 同棲のお金と生活費を考える30のポイント

  1. 同棲生活は、節約生活。
  2. 家賃は固定費。
    本当に払える家賃なのか、契約前にしっかり考える。
  3. 同棲で一番大切なルールは、お金。
  4. お金の価値観は、必須の確認事項。
  5. 共通の財布を作って、お金の管理に役立てる。
  6. 家事や生活費は、男性が多めに負担しておくとよい。
  7. 家計簿は、節約の第一歩。
  8. 同棲の生活費は、固定費と変動費に分けて考える。
  9. 同棲の生活費は、食費によって大きく変わる。
  10. 食費を節約する3大ポイント。
  11. 収入別に生活費の内訳を考える、5つのシミュレーション。
  12. デート代は、共通の財布から出すのがよい。
  13. 共通の財布からプレゼント代を出すのは、マナー違反。
  14. 2人で公共料金を確認して、節約意識・金銭感覚を向上させよう。
  15. 同棲相手の浪費癖を治す、6つの取り組み。
  16. 同棲では、小遣い制を導入すべきか。
  17. 小遣い制を導入するなら、自分のルールや考え方を押し付けないこと。
  18. 同棲中の生活費に「予備費」を作っておこう。
  19. 節約をゲームとして受け入れると、楽しみは倍増して、苦しみは半減する。
  20. 雑誌に載っている同棲カップルを追いかけると、生活費はかさむ一方。
  21. 奨学金による学費返済があるなら、毎月の固定費として考えておく。
  22. お金に関して、パートナーに甘えすぎない。
  23. 貯金は、目標額を設定したほうが、貯まりやすくなる。
  24. 同棲の基本は共働き。
    子供がいない今のうちに、しっかり貯金を貯めておこう。
  25. 2人で貯めたお金は、引き出しにくい状況にしておこう。
  26. 浪費を減らし、投資を増やすと、幸せな同棲と結婚につながる。
  27. 同棲の生活費が足りない場合、どう補うか。
  28. 節約にも限度がある。
    本当に必要なことには、きちんとお金を使おう。
  29. パートナーが失業して無職になったとき、生活費をどうするか。
  30. パートナーが失業して無職になっても、無条件で生活費を出さない。

同じカテゴリーの作品