子供の身長を伸ばす
30の方法

4
3

身長を伸ばすために重要な5つの栄養素。

身長を伸ばすために重要な5つの栄養素。 | 子供の身長を伸ばす30の方法

身長を伸ばすために重要な栄養素が、5つあります。

 

「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンD」「亜鉛」です。

 

もちろんバランスの取れた栄養摂取は前提ですが、身長を伸ばすなら、この5つの栄養素が欠かせません。

5つの栄養素は、不足することがないよう、1日の必要摂取量を心がけておきましょう。

 

タンパク質

 

身長を伸ばすためにまず大切なのが、タンパク質です。

タンパク質は3大栄養素の1つ。

タンパク質は、骨や筋肉を作るために必要な、最重要の栄養素です。

私たちの体の20パーセントは、タンパク質でできています。

ビルの建築に例えると、タンパク質は「鉄筋」です。

大きなビルを作るには鉄筋が重要であるように、骨を作るためにタンパク質が必須です。

タンパク質には、成長ホルモンの分泌を促す作用もあります。

思春期は、成人の大人以上に多くのタンパク質が必要です。

成人の場合「1日60グラム前後」が適量ですが、思春期の子供の場合「1日80グラム前後」が目安です。

タンパク質が豊富な食品を積極的に食べるようにしましょう。

 

 

カルシウム

 

骨の大半はカルシウムでできていることから、骨の成長にカルシウムは欠かせません。

ビルの建築に例えると、カルシウムは「コンクリート」です。

成人の場合「1日に600ミリグラム」が適量ですが、思春期の子供の場合「1日に1000ミリグラム」が目安です。

カルシウムは、不足しがちな栄養素であるため、意識をして摂取する必要があります。

カルシウムを多く含む食品を積極的に食べる必要があります。

 

 

マグネシウム

 

マグネシウムは、カルシウムの定着を促す働きがあります。

大切なのは、カルシウムとマグネシウムのバランスです。

カルシウムとマグネシウムの割合が「2対1」になったとき、最も効果的に働きます。

カルシウムだけに偏らず、カルシウムと一緒にマグネシウムも摂取するようにしましょう。

 

 

 

ビタミンD

 

ビタミンDも、マグネシウムと同様、骨の成長に欠かせない栄養素です。

ビタミンDは、カルシウムの吸収率を高め、骨への沈着を促す効果があります。

 

 

亜鉛

 

亜鉛は、タンパク質の合成や新しい細胞を生み出すのに欠かせない栄養素。

成長ホルモンが合成・分泌されるときに働く酵素を活性化します。

体内では合成できないため、外部から摂取する必要があります。

亜鉛は、不足しがちな栄養素です。

亜鉛は、汗をかくと排出されやすいため、入浴や運動でたくさん汗をかいたときは、十分補うことが必要です。

食事だけで補えない場合は、サプリメントを活用するとよいでしょう。

 

 

取りすぎには注意して、必要摂取量を心がけるようにしましょう。

子供の身長を伸ばす方法(4)
  • タンパク質・カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・亜鉛の5つの栄養素は、きちんと1日の必要摂取量を取っておく。
育ち盛りの子供には、単品メニューより定食メニュー。

子供の身長を伸ばす30の方法
子供の身長を伸ばす30の方法

  1. 身長を伸ばすためには、正しい知識が必要。<br>世の中の俗説に惑わされない。
    身長を伸ばすためには、正しい知識が必要。
    世の中の俗説に惑わされない。
  2. 身長の増加には期限がある。<br>思春期は、身長を伸ばす最後のチャンス。
    身長の増加には期限がある。
    思春期は、身長を伸ばす最後のチャンス。
  3. 身長を伸ばすための3大要素。<br>「食事」「睡眠」「運動」。
    身長を伸ばすための3大要素。
    「食事」「睡眠」「運動」。
  4. 身長を伸ばすために重要な5つの栄養素。
    身長を伸ばすために重要な5つの栄養素。
  5. 育ち盛りの子供には、単品メニューより定食メニュー。
    育ち盛りの子供には、単品メニューより定食メニュー。
  6. 1日に必要なタンパク質は、年齢によって異なる。
    1日に必要なタンパク質は、年齢によって異なる。
  7. 成長期のダイエットは、身長の増加に悪影響。
    成長期のダイエットは、身長の増加に悪影響。
  8. 肥満体は、身長が伸びにくい。<br>脂肪が多すぎると、成長ホルモンの分泌を妨げる。
    肥満体は、身長が伸びにくい。
    脂肪が多すぎると、成長ホルモンの分泌を妨げる。
  9. 栄養摂取は、食事が基本。<br>サプリメントは、あくまで補助。
    栄養摂取は、食事が基本。
    サプリメントは、あくまで補助。
  10. 栄養の吸収率を高めるポイントは、明るい気持ちで楽しく食べること。
    栄養の吸収率を高めるポイントは、明るい気持ちで楽しく食べること。
  11. 食品添加物を多く含む食品は、できるだけ避けよう。
    食品添加物を多く含む食品は、できるだけ避けよう。
  12. 加工食品の食品添加物を少しでも取り除く工夫。
    加工食品の食品添加物を少しでも取り除く工夫。
  13. 環境ホルモンを避ける5つのポイント。
    環境ホルモンを避ける5つのポイント。
  14. おやつの差が、身長の差になる。
    おやつの差が、身長の差になる。
  15. 夜食は、成長ホルモンの分泌に悪影響。
    夜食は、成長ホルモンの分泌に悪影響。
  16. 夜更かしや睡眠不足は、骨の成長の大敵。<br>身長が伸びるのは睡眠中。
    夜更かしや睡眠不足は、骨の成長の大敵。
    身長が伸びるのは睡眠中。
  17. 身長を伸ばすための十分な睡眠時間。
    身長を伸ばすための十分な睡眠時間。
  18. 成長ホルモンには、分泌されやすいゴールデンタイムがある。
    成長ホルモンには、分泌されやすいゴールデンタイムがある。
  19. 睡眠前の水分の取り方が、身長の伸びに影響する。
    睡眠前の水分の取り方が、身長の伸びに影響する。
  20. 睡眠は、長さだけでなく、質も大事。
    睡眠は、長さだけでなく、質も大事。
  21. 身長を伸ばすためには「縦方向の運動」が効果的。
    身長を伸ばすためには「縦方向の運動」が効果的。
  22. 好きでもないスポーツを、無理やりさせない。
    好きでもないスポーツを、無理やりさせない。
  23. ストレスをためすぎると、成長ホルモンの分泌を妨げる。
    ストレスをためすぎると、成長ホルモンの分泌を妨げる。
  24. 身長を伸ばすには、生活習慣が欠かせない。
    身長を伸ばすには、生活習慣が欠かせない。
  25. 休日であっても、油断しない。
    休日であっても、油断しない。
  26. 身長が高くなった自分をイメージして、努力を促す。
    身長が高くなった自分をイメージして、努力を促す。
  27. 思春期の開始と終了を遅らせる3つの方法。
    思春期の開始と終了を遅らせる3つの方法。
  28. 「4分の1が遺伝で決まる」と嘆くのではない。<br>「4分の3は努力で伸ばせる」と考えよう。
    「4分の1が遺伝で決まる」と嘆くのではない。
    「4分の3は努力で伸ばせる」と考えよう。
  29. 身長が伸びない場合は、病気の可能性を疑ってみる。
    身長が伸びない場合は、病気の可能性を疑ってみる。
  30. 愛情こそ、子供の成長に一番大切な栄養素。
    愛情こそ、子供の成長に一番大切な栄養素。

同じカテゴリーの作品

5:44

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION