人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキンケア
コラーゲンを塗っても、肌のコラーゲンにはならない。
スキンケア
化粧品に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸のよくある誤解。
メイク
コンシーラーを使う人が、無意識に陥りやすいジレンマ。
メイク
ビューラーを持った手を動かすのは、失敗のもと。

スキンケアみが解決する
30ポイント

お気に入り1 読んだ
11

コラーゲンがたっぷりまれたものがある
これをにすれば、
がふっくらになるの?

品売り場やコンビニでは「コラーゲン配合」と書かれた商品を、見かけるようになりました。

コラーゲンとは、肌組織を構成するタンパク質です。

肌の弾力は、このコラーゲンがあるおかげです。

若々しい肌を維持するためには、なくてはならない存在です。

  • 「コラーゲンを飲めば、肌のコラーゲン量が増え、若々しい肌がよみがえるのではないか」

そういう期待をするのです。

暗に、そういうことを期待させる広告も目にします。

 

しかし、夢を壊すようですが、飲んだコラーゲンが、直接肌には作用しません。

少なくとも、コラーゲンが直接肌のコラーゲンにはなりません。

口にしたコラーゲンは、いったん吸収された後、アミノ酸に分解されます。

分解されたアミノ酸は、タンパク質を作る材料として使われ、再びタンパク質に変わります。

そのタンパク質は、筋肉を構成したり、組織の修復に使われたりするのです。

もちろん肌もタンパク質でできていますから、口にしたコラーゲンの影響はあるものの、微々たるものと考えていいでしょう。

この流れを見て分かるとおり、口にしたコラーゲンが、そのまま肌のコラーゲンになるわけではないのです。

 

ただし、まったく意味がないわけではありません。

「積極的にコラーゲンを口にした」ということは「積極的にタンパク質を摂取した」ということです。

タンパク質を積極的に取った結果、体に丈夫な骨や筋肉が作られる材料が、体に行き届きます。

その結果、全般的な健康の促進と、それに伴う美肌効果は期待できます。

もしコラーゲン配合の化粧品で肌に若々しさを感じたなら、コラーゲンの保湿作用によるものです。

コラーゲンには保湿作用があるため、肌の保湿力を高める効果ならあります。

スキンケアの悩みが解決するポイント その11

  • 美容目的にするコラーゲン効果づく

同じカテゴリーの作品