人生の教科書



ビジネスマナー
自分の電話番号は、とっさに言えるようにしたい。
就職活動
企業から「またお電話します」という留守番電話があったときの適切な対応。
ビジネスマナー
保留が長くなる場合は、一度切って、こちらから折り返す。
ビジネスマナー
コールセンター並みの、丁寧な電話の切り方。
ビジネスマナー
知らない電話番号の相手を知る方法。
ビジネスマナー
電話を間違えてかけてしまったとき、どう対応していますか。
スキル

時間感覚を身につける
30の方法

お気に入り3 読んだ
17

ささいなことに対する気遣いに、
相手の優しさが感じられる。

ささいなことに対する気遣いに、相手の優しさが感じられる。 | 時間感覚を身につける30の方法

自分のためにも相手のためにもなるちょっとした気遣いがあります。

一つ一つの気遣いはそれほど大きなことではありません。

 

しかし、そんな小さなところまでケアをしてくれるところに相手の優しさや気配りのよさが感じられます。

先日、私のところに1本の電話がかかってきました。

ですがあいにく、私はちょうどそのとき外出中で電話に出られませんでした。

私が家に戻ると留守電が残っていました。

  • 「こんにちは。~です」

というお決まりの言葉から始まり、折り返し連絡が欲しいとのことでした。

私が気遣いを感じたのは、その留守電の最後の部分です。

  • 「折り返し、お電話をお待ちしております。私の電話番号は○○です」

連絡先の電話番号を、わざわざ残してくれていました。

留守番電話に電話番号まで入っていると、助かります。

わざわざ電話帳を出し、電話番号を調べる手間を省けるので時間を短縮させることができます。

電話番号が入っていることで「早く電話をかけなくちゃ」という行動促進効果まであります。

留守電を入れる人は、わざわざ自分の電話番号を言うのは面倒なことだと思います。

私が先方の電話番号を知っているのを分かっていますから「折り返しお電話ください」で済ませてしまおうと思えば、できます。

 

しかし、人間の優しさや気配りのよさは、本当に小さくてささいなところで垣間見えます。

その丁寧な留守電のおかげで、私も相手も連絡をスムーズに済ませることができました。

小さなことほど、気遣いが必要です。

まとめ

時間感覚を身につける方法 その17
  • 折り返し電話が欲しいときには、
    留守電の最後に、
    電話番号を入れておく。
上手な時間の使い方とは、充実した時間を送るということ。

もくじ
(時間感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品