スキル

時間感覚を身につける
30の方法

読んだ お気に入り12
1

時間を上手に使う人には
「知恵」がある。

時間を上手に使う人には「知恵」がある。 | 時間感覚を身につける30の方法

神様はすべての人間に対して、平等に与えてくれているものがあります。

時間です。

時間だけは、人間の生まれも育ちもまったく関係なく平等に1日24時間として与えられています。

これだけは人の力で変えることも曲げることのできない絶対的なことです。

にもかかわらず、そんな平等に与えられているはずの時間を上手に使っている人がいます。

1日30時間も40時間もあるのではないのかと思うほど、多くを成し遂げる人です。

時間を上手に使えている人は、1日の重みが大きいため、大人になるほど成長に差が開いていきます。

別の次元で生きているのではないかと、思うほどです。

人より早く進歩できる人は、ほかの人と比べて何が違うのでしょうか。

それは、時間を上手に使うための「知恵」です。

絶対的に変えられない1日24時間を「知恵」を使って、上手に時間を節約し、上手に時間を増やします。

そばで見ていると、魔法を使っているようです。

時間を上手に使えるということは、それだけ人生を豊かにするということです。

時間を上手に使えるようになると、どんどん時間が増えていきます。

1日は24時間しかありませんが、この24時間は使い方しだいで2倍にも3倍にも増やしていくことができるのです。

まとめ

時間感覚を身につける方法 その1
  • 「知恵」を身につけて、時間を増やしていく。
まずは効率の悪いことを経験する。

もくじ
時間感覚を身につける30の方法
時間を上手に使う人には「知恵」がある。 | 時間感覚を身につける30の方法

  1. 時間を上手に使う人には「知恵」がある。
  2. まずは効率の悪いことを経験する。
  3. 時間を大切にするとは、同じ失敗を二度と繰り返さないということ。
  4. 即決が、時間をどんどん増やしていく。
  5. お金持ちより、時間持ちになろう。
  6. 休むということは、時間を大切にするということ。
  7. 時間は、自分を厳しく叱ってくれる先生。
  8. 大切なことほど、最初に話す。
  9. 「ちょっと」は禁句。
    具体的に言おう。
  10. 心に「余裕」がなければ、充実しているとは言えない。
  11. 確かめる時間を省かない。
  12. やると決めたからには、重い腰をさっと上げる。
  13. スピードのある人は「はい」と素早く返事ができる。
  14. 子供のころに教えられたことほど、大切なこと。
  15. 感謝をすることは、人との関係を促進させる効果がある。
  16. 適齢期より「今やりたい」という気持ちを大切にする。
  17. ささいなことに対する気遣いに、相手の優しさが感じられる。
  18. 上手な時間の使い方とは、充実した時間を送るということ。
  19. 好きなことで、忙しくなろう。
  20. 人には人のテンポがある。
  21. 時間を有効に使いたいときほど、行動に出る。
  22. 緩急をつけて、リズムを大切にする。
  23. 最初の1歩が大切。
    手紙は宛先から書き始めよう。
  24. 残りの人生を考えると、生き方が変わってくる。
  25. 利益があるかどうかより、楽しめるかどうかを基準に考える。
  26. すべてを1人で抱え込まない。
    できないことは、できる人にやってもらう。
  27. 肩書ではなく名前で呼ぶと、早く仲良くなれる。
  28. 実力×実行力=夢を叶える力。
  29. やるべきことを後回しにすると、精神的ストレスが大きくなってしまう。
  30. 私たちは、夢を叶えるために生まれてきた。

同じカテゴリーの作品