スキル

時間を増やす
30の方法

2
10

「だらだらした1時間」と
「集中した1時間」は、
まったく違うことに気づく。

「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。 | 時間を増やす30の方法

「だらだらした1時間」と「集中した1時間」。

どちらも同じ1時間に変わりありません。

1秒が3600回繰り返されただけのこと。

人によって時間の長さが変わることもありません。

時間は、すべての人に平等です。

しかし、時間の長さは同じでも、価値が違います。

だらだらした1時間と集中した1時間は、まったく違うことに気づいてください。

それぞれ別物と言っても過言ではありません。

 

だらだらした1時間

 

だらだらした1時間は「価値の低い1時間」です。

やる気も元気もなく、生産性もありません。

緊張感もスピード感もなく、ただ惰性の時間が流れています。

できることといえば、休んだりリラックスしたりするくらいのこと。

だらだらしていては、いい仕事ができません。

だらだらした時間から、素晴らしい仕事も生まれません。

後になって「だらしない過ごし方をしてしまった」と悔やむことになるでしょう。

 

集中した1時間

 

集中した1時間とは何か。

集中した1時間は「価値の高い1時間」です。

緊張感とスピード感が出て、生き生きした時間が流れます。

全神経を研ぎ澄ませ、目の前の仕事に集中すると、生産性が高まります。

記憶力が向上して、仕事がスムーズにはかどります。

集中するから、いい仕事ができます。

集中した時間から、素晴らしい仕事が生まれるのです。

 

 

同じ1時間でも、集中しているかどうかで、意味も価値も変わる

 

時間があるかないかではありません。

集中しているかどうかです。

同じ1時間でも、集中しているかどうかで、意味も価値も変わります。

同じ1時間でも、だらだら過ごすのか、集中して過ごすのかで、価値がまったく変わります。

 

いま一度「集中力」を大切にしてください。

常に集中する必要はありませんが、重要なときには集中すべきです。

集中すると、エネルギーの消費が激しくなりますが、それだけの価値はあります。

今まで集中力を軽視していたなら、これからは集中力を重視しましょう。

せめて1日1回くらいは、集中した時間を作りたい。

自らゴールデンタイムを作ることです。

集中力は、時間の価値を高める源泉です。

集中すれば、時間の長さは同じでも、時間を増やしたのと同じことになるのです。

時間を増やす方法(10)
  • 集中力を大切にして、時間の価値を高める。
時間で大切なのは、量ではなく質。
時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。

もくじ
時間を増やす30の方法
「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。 | 時間を増やす30の方法

  1. 時間は自然と増えるものではない。<br>時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
    時間は自然と増えるものではない。
    時間を増やすには、意識的な取り組みが必要。
  2. 時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
    時間を増やすことは、時間の価値を上げること。
  3. 手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
    手書きのお礼状に時間をかけることは、自分の時間を増やすことになる。
  4. 平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
    平気で人の時間を奪っていく人は、時間泥棒。
  5. 準備は、時間テクニックの基本。<br>準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
    準備は、時間テクニックの基本。
    準備に時間をかけることは、時間を増やすことになる。
  6. 物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
    物をいただいたときだけでなく、時間をいただいたときも、きちんとお礼を言おう。
  7. 時間の流れ方は、呼吸で決まる。
    時間の流れ方は、呼吸で決まる。
  8. 物を減らすと、時間が増える。
    物を減らすと、時間が増える。
  9. 「間に合わない」と諦めるのではない。<br>間に合わせるのだ。
    「間に合わない」と諦めるのではない。
    間に合わせるのだ。
  10. 「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
    「だらだらした1時間」と「集中した1時間」は、まったく違うことに気づく。
  11. 時間で大切なのは、量ではなく質。<br>時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
    時間で大切なのは、量ではなく質。
    時間がなくても、集中力があれば、いい時間を過ごせる。
  12. 自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
    自動化できるものは自動化させて、自由な時間を手に入れよう。
  13. 4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
    4分の1まで進んでつまらないなら、途中でやめていい。
  14. なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
    なぜ「ついでに何かありませんか」と言う人は、時間が増えるのか。
  15. 手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
    手間暇のかかった情報を買うことは、時間を買うことになる。
  16. 時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
    時間の安売りは、悪魔に魂を売るのと同じこと。
  17. 「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
    「マイペース」と「だらだらしたペース」は似て非なるもの。
  18. 隙間時間だけでは、成功できない。<br>成功するためには、まとまった時間が必要。
    隙間時間だけでは、成功できない。
    成功するためには、まとまった時間が必要。
  19. 初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。<br>型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
    初心者は、つべこべ言わず、型を学ぶことから入るのが正解。
    型を学ぶことで、多くの時間を節約できる。
  20. 頭の回転が速いから、即答ができるのではない。<br>即答を心がけるから、頭の回転が速くなる。
    頭の回転が速いから、即答ができるのではない。
    即答を心がけるから、頭の回転が速くなる。
  21. 隙間時間の最小単位は「10秒」。
    隙間時間の最小単位は「10秒」。
  22. 「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。<br>「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
    「通勤時間は仕方ない」と諦める人は、成功できない。
    「通勤時間は無駄」と考える人が、成功する。
  23. 「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
    「一度始めたことは最後までやり遂げる」という根性論にとらわれていませんか。
  24. 「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
    「少しくらい遅刻してもいいだろう」という油断が、遅刻癖の始まり。
  25. 探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
    探し物の時間が目立つなら、掃除と整理整頓を忘れている証拠。
  26. 「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
    「あと1時間しかない」より「まだ1時間もある」。
  27. 隙間時間にすることを、用意しておく。
    隙間時間にすることを、用意しておく。
  28. 自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
    自炊をやめて外食か弁当にするだけで、圧倒的に時間が増える。
  29. 専門的なことは、専門家に頼るのが正解。<br>解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
    専門的なことは、専門家に頼るのが正解。
    解決の時間短縮だけでなく、自分の時間を増やすことにもなる。
  30. もたもた決断しない。<br>さっと決断する。
    もたもた決断しない。
    さっと決断する。

同じカテゴリーの作品