時間感覚を身につける
30の方法

2
16

まずは効率の悪いことを経験する。

まずは効率の悪いことを経験する。 | 時間感覚を身につける30の方法

時間を増やすためには、知恵が必要です。

知恵はどうすれば身につけることができるのでしょうか。

それは、効率の悪いことを経験することから始まります。

効率の悪い経験をすると、必ず悔やむ気持ちが湧き起こります。

「悔しい」「情けない」「もったいない」といったネガティブな感情が吹き上げてくるでしょう。

誰でも苦しい経験は避けたいと思うため「何とかしたい」と考えるようになります。

苦しい経験によるダメージが大きくなるにつれて、何とかしたい気持ちも大きくなります。

その分、頭を働かせることができ「知恵」が出来上がっていくのです。

過去に出来上がってきた知恵たちは、すべて過去の人が体験した効率の悪いこと(痛い経験)から始まっています。

今はライターさえあれば簡単に火をおこせますが、昔の人は、長い時間をかけて火をおこしていました。

燃えやすいものをかき集め、両手で木の棒をぐるぐる回して、木と木をこすり合わせる摩擦熱で火をおこしていました。

時間もかかり、体力も必要です。

火をおこすためだけに、昔の人は効率の悪い作業をしていました。

だからこそ「もっと効率のよい方法はないのだろうか」と人は考え、マッチやオイル式のランプなどが生み出されてきました。

今では小さなライターだけで、火をおこせるようになりました。

私たち人類は知恵を振り絞り、簡単に火をおこせるようになったために時間と体力を消費せずにすんでいます。

いわゆる、以前より「上手で賢い方法」で火をつけることができているのです。

昔の人たちから見ると、羨ましい光景でしょう。

しかし、そんな効率よく火をおこすための原動力は、昔の人たちが体験した「効率の悪いこと」です。

効率の悪いことをして、大変でつらく悔しく情けない気持ちをバネにして「効率のよい方法」を生み出しました。

おかげで今、私たちは火をおこす時間を節約することができています。

火をつけるという行為だけでも、どのような方法でやるのかを考えると、時間的にも体力的にも、天と地の差が出てくるのです。

今ある状況の中で時間がもっとほしければ、まず自分が今やっている作業の中で、効率の悪い失敗を経験することです。

歯がゆい失敗を経験し、同じことを繰り返さないために頭を使います。

そこであなたが編み出した方法こそ、知恵です。

時間を作り出すための強力な武器になります。

時間感覚を身につける方法(2)
  • まず苦しむ経験をして「何とかしたい」という気持ちになる。
時間を大切にするとは、同じ失敗を二度と繰り返さないということ。

時間感覚を身につける30の方法
時間感覚を身につける30の方法

  1. 時間を上手に使う人には「知恵」がある。
    時間を上手に使う人には「知恵」がある。
  2. まずは効率の悪いことを経験する。
    まずは効率の悪いことを経験する。
  3. 時間を大切にするとは、同じ失敗を二度と繰り返さないということ。
    時間を大切にするとは、同じ失敗を二度と繰り返さないということ。
  4. 即決が、時間をどんどん増やしていく。
    即決が、時間をどんどん増やしていく。
  5. お金持ちより、時間持ちになろう。
    お金持ちより、時間持ちになろう。
  6. 休むということは、時間を大切にするということ。
    休むということは、時間を大切にするということ。
  7. 時間は、自分を厳しく叱ってくれる先生。
    時間は、自分を厳しく叱ってくれる先生。
  8. 大切なことほど、最初に話す。
    大切なことほど、最初に話す。
  9. 「ちょっと」は禁句。<br>具体的に言おう。
    「ちょっと」は禁句。
    具体的に言おう。
  10. 心に「余裕」がなければ、充実しているとは言えない。
    心に「余裕」がなければ、充実しているとは言えない。
  11. 確かめる時間を省かない。
    確かめる時間を省かない。
  12. やると決めたからには、重い腰をさっと上げる。
    やると決めたからには、重い腰をさっと上げる。
  13. スピードのある人は「はい」と素早く返事ができる。
    スピードのある人は「はい」と素早く返事ができる。
  14. 子供のころに教えられたことほど、大切なこと。
    子供のころに教えられたことほど、大切なこと。
  15. 感謝をすることは、人との関係を促進させる効果がある。
    感謝をすることは、人との関係を促進させる効果がある。
  16. 適齢期より「今やりたい」という気持ちを大切にする。
    適齢期より「今やりたい」という気持ちを大切にする。
  17. ささいなことに対する気遣いに、相手の優しさが感じられる。
    ささいなことに対する気遣いに、相手の優しさが感じられる。
  18. 上手な時間の使い方とは、充実した時間を送るということ。
    上手な時間の使い方とは、充実した時間を送るということ。
  19. 好きなことで、忙しくなろう。
    好きなことで、忙しくなろう。
  20. 人には人のテンポがある。
    人には人のテンポがある。
  21. 時間を有効に使いたいときほど、行動に出る。
    時間を有効に使いたいときほど、行動に出る。
  22. 緩急をつけて、リズムを大切にする。
    緩急をつけて、リズムを大切にする。
  23. 最初の1歩が大切。<br>手紙は宛先から書き始めよう。
    最初の1歩が大切。
    手紙は宛先から書き始めよう。
  24. 残りの人生を考えると、生き方が変わってくる。
    残りの人生を考えると、生き方が変わってくる。
  25. 利益があるかどうかより、楽しめるかどうかを基準に考える。
    利益があるかどうかより、楽しめるかどうかを基準に考える。
  26. すべてを1人で抱え込まない。<br>できないことは、できる人にやってもらう。
    すべてを1人で抱え込まない。
    できないことは、できる人にやってもらう。
  27. 肩書ではなく名前で呼ぶと、早く仲良くなれる。
    肩書ではなく名前で呼ぶと、早く仲良くなれる。
  28. 実力×実行力=夢を叶える力。
    実力×実行力=夢を叶える力。
  29. やるべきことを後回しにすると、精神的ストレスが大きくなってしまう。
    やるべきことを後回しにすると、精神的ストレスが大きくなってしまう。
  30. 私たちは、夢を叶えるために生まれてきた。
    私たちは、夢を叶えるために生まれてきた。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION