人生の教科書



読み上げ動画・音声
転職・退職
給与アップが希望の場合、面接で切り出してもいいのか。
転職・退職
個人情報や機密情報は、面接での取り扱いに要注意。
転職・退職
仕事の後に受ける面接でよくある失敗。
転職・退職
なぜ面接官は、退職理由を知りたがるのか。
転職・退職
面接官の年齢や経歴が自分より低くても、横柄にならない。
就職活動
面接の髪型が、履歴書の写真と違うのは、問題ないのか。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
13

若白髪がある場合
めてから面接けるべきか

白髪に悩む人もいるでしょう。

白髪が目立てば、やはり面接に与える印象が気になるもの。

若白髪がある場合、染めてから面接を受けるべきでしょうか。

まず、若白髪があるだけで不採用になることはないでしょう。

人工的に染めた茶髪とは違い、白髪はあくまで自然な現象です。

本人に非はなく、いずれ誰にでも起こる老化現象。

遺伝や育った環境などの影響で、早い時期から白髪が生え始めることがあります。

少し目立つかもしれませんが、マナー違反ではありません。

若白髪があっても、もちろんそのままの状態で面接を受けることができます。

 

ただし、若々しさを強調させたければ、白髪染めをする選択も一案です。

面接で最も好印象なのは、やはり完全な黒髪です。

若々しさを強調させたければ、黒髪に勝る色はありません。

就職活動では、見た目の印象を重視する職業もあります。

 

たとえば、接客を中心とする職業の場合です。

やはり黒髪のほうが、相手に若々しい印象を与えられるでしょう。

お客様と直接会う仕事では、外見の印象が、仕事に影響する場合があります。

白髪の影響が気になるなら、無難に黒髪に染めておくほうが、確実に好印象です。

接客対応の多い仕事では、面接でも黒髪で若々しさをアピールしたほうが、好感が得られるに違いありません。

転職活動の面接で注意するポイント その13

  • 若々しさを強調させたければ、
    白髪染めも検討する

同じカテゴリーの作品