人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
同棲
「結婚前提」と「婚約」は、似て非なるもの。
就職活動
いつまで働くつもりかについて質問されたときの答え方。
転職・退職
個人情報や機密情報は、面接での取り扱いに要注意。
同棲
結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。
カップル
結婚は、ゴールではない。
愛に、ゴールは作らないほうがいい。
結婚
感情のコントロールはできているか。

転職活動の面接で注意する
30のポイント

お気に入り0 読んだ
16

婚約指輪や結婚指輪は、
面接でも身につけてよいのか。

婚約指輪や結婚指輪は、面接でも身につけてよいのか。 | 転職活動の面接で注意する30のポイント

面接では、アクセサリー類を外しておくのが基本です。

イヤリング・ブレスレット・指輪などの装飾品も、控えるのが賢明です。

装飾を目的としたアクセサリーは、全般的に好ましくないと考えていいでしょう。

小柄なネックレスに限っては許容範囲ですが、派手なタイプは好ましくありません。

「迷ったら外す」という考え方を基準にすれば、さほど深く悩むことはないでしょう。

 

さて、アクセサリーで気になるのが、婚約指輪や結婚指輪です。

転職希望者の中には、婚約者や既婚者もいるでしょう。

立場上、常に身につけなければいけないものは、面接での扱いに迷うのではないでしょうか。

実は、婚約指輪や結婚指輪については、面接で問題なく身につけることができます。

婚約指輪や結婚指輪は「アクセサリー」ではなく「誓いの証し」という位置付けだからです。

自分を美しく着飾るために身につけるものではないため、面接官に不快感を与えることはありません。

婚約指輪や結婚指輪はアクセサリーには該当しないため、面接でも堂々と身につけることができるのです。

 

ただし、アクセサリーと誤解されないよう、婚約指輪も結婚指輪も、左手の薬指に身につけておくのが無難です。

左手の薬指は、心臓につながる神聖な指と言われています。

婚約指輪や結婚指輪をしていれば、面接では、結婚に関する質問をされる可能性が高くなるでしょう。

結婚に関する回答を準備しておくと、面接本番もスムーズに対応できるはずです。

転職活動の面接で注意するポイント その16

  • 婚約者や既婚者は、
    婚約指輪や結婚指輪を面接でも身につけてよい。
希望を伝えるなら、言い方が大切。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品