転職・退職

転職活動で注意したい
30のポイント

  • 転職活動は、
    1人きりの戦い。
転職活動で注意したい30のポイント

もくじ
  1. 転職活動は、1人きりの戦い。

    転職活動は、学生の就職活動と比べたとき、大きな違いがあります。
    「転職活動は1人きりの戦い」という点です。
    例外もありますが、基本的に自分だけで進める状況がほとんどでしょう。

  2. 既婚者の場合、転職活動の前に必要なのは、説得活動。

    既婚者の場合、転職活動の前にしなければいけない活動があります。
    説得活動です。
    パートナーに内緒で転職活動をしようとしていませんか。

  3. 転職に、適齢期はあるのか。

    転職の適齢期では、さまざまな声が聞かれます。
    「転職は、20代後半がベストタイミング」
    「35歳までなら、転職は間に合う」

  4. 経歴を丁寧に振り返ろう。

    転職活動で最初に考えたいのは、自分の経歴を落ち着いて振り返ることです。
    社会人になってから、台風のような、慌ただしい毎日を送っていたことでしょう。
    次々とやってくる業務を全力でこなす日々。

  5. 転職活動は、繁忙期を避けるのがマナー。

    繁忙期は、業界や企業によってさまざまです。
     
    しかし、時期に違いはあれ、転職活動をするなら、繁忙期を避けるのがマナーです。

  6. 転職における即戦力とは。

    即戦力とは何でしょうか。
    一般的に即戦力といえば、訓練や準備をしなくても、すぐ生かせる戦力のことをいいます。
     

  7. 仕事探しと引っ越し。
    どちらを優先したほうがいいのか。

    「地元には仕事がない。そうだ、都会に出よう」
    地元に仕事がなければ、やはり都会に出て探すケースが多くなるのではないでしょうか。
    地元から離れて仕事を探す場合、大きな課題が2つあります。

  8. 転職活動でも、OB・OG訪問はできるのか。

    学生時代の就職活動では、OB・OG訪問がよく行われていました。
    OB・OG訪問とは、就職を希望する企業について取材するため、その企業に在籍する卒業生を訪問することです。
    貴重な情報を入手できる手段として有名です。

  9. なぜ職務経歴書は、パソコン作成が許されるのか。

    履歴書の作成は、手書きが基本です。
    特別な理由がないかぎり、履歴書は手書きで作成しましょう。
     

  10. 学歴が低い人の転職は、難しいのか。

    「私の学歴は、低いから転職も厳しいのではないか」
    転職で不安になる1つは、学歴です。
    学歴が低ければ、学生の就職活動と同じように、転職でも不利になると考える人も多いでしょう。

  11. 「転職すればよくなる」と思い込んでいないか。

    「転職して、給料が上がった」
    「転職先の環境に、大満足」
    「転職をして、大正解」

  12. 求人情報を入手する、5つの方法。

    (1)転職情報サイト
    転職情報サイトを活用すれば、経験者・中途採用など、転職に特化した情報を集めやすくなります。
    最大の特徴は、検索機能です。

  13. 実務経験や実績が不足していると、転職はうまくいかないのか。

    「実務経験や実績が十分でないと、転職できないのか」
    これは誤解です。
     

  14. 転職アドバイザーに隠し事をしていると、頼りになる存在でも、十分生かせない。

    転職活動の専門家といえば、転職アドバイザー。
    転職活動の際、転職アドバイザーを頼ることがあります。
    頼りがいのある仲介役であり、転職のさまざまな悩みを解決してくれる存在です。

  15. 転職アドバイザーが変更できることを知らない人が多い。

    転職アドバイザーが変更できることを知らない人が多いようです。
    転職斡旋企業に支援をお願いしたとき、担当になる転職アドバイザーがいます。
    転職アドバイザーにも、さまざまな人がいます。

  16. 大きな労働条件は確認できても、小さな労働条件の確認を怠っていないか。

    転職活動では、労働条件の確認をしましょう。
    「そんなことは当たり前」と思うかもしれませんが、ここで強調したいのは、小さな労働条件の確認です。
    多くの場合、大きな労働条件はきちんと確認しますが、小さな労働条件になると、急に確認が甘くなるのではないでしょうか。

  17. 異なる業界を安易に選ぶのは要注意。

    転職希望者の中には、異なる業界に転職したい人もいるでしょう。
    「今いる業界には、嫌な過去しかない」
    「新しい人生を歩むなら、やはり異なる業界がいいのではないか」

  18. 業種や業界が変われば、年収は下がると考えるのが妥当。

    畑違いの仕事に転職を希望する人もいるでしょう。
     
    たとえば、調理師を目指していた人が、プログラマーを目指すという業種変更。

  19. 異なる業界への転職は、何を心がければいいのか。

    転職活動をする人の中には、異なる業界を志望する人もいるでしょう。
    完全に未経験の業界なら、転職は圧倒的に不利になると思われます。
    もちろん実務経験者には劣りますが、まったく不利というわけでもないのです。

  20. 自営業からの転職は、不利なのか。

    「自営業からの転職は不利」
    ちまたでは、そんな声が聞かれます。
    理由としては「自己流で仕事をしやすい」「会社員らしくない言動が目立つ」などが挙げられるようです。

  21. 求める人物像が分かりにくければ、きちんと問い合わせて確認する。

    求人情報だけでは、求める人物像が分かりにくいことがあります。
     
    たとえば、求人条件が「サーバーの運用経験者」とあるとします。

  22. 体調の悪化が原因で退職した場合、履歴書に書くべきか。

    体調の悪化が原因で、退職する場合があります。
     
    たとえば、けがや病気などです。

  23. 引き抜きが、よい結果に終わるとは限らない理由とは。

    転職業界では「引き抜き」という行為が行われることがあります。
    スカウトと呼ばれることもあります。
    有望な人材を探し出し、ある企業に属している人を、自社に引っ張ってくることをいいます。

  24. 短期で退職した企業は、職歴に書かなくてもいいのか。

    入社したものの、事情があって、すぐ退職してしまう場合があります。
    在職期間が短すぎる場合、職歴としていいのか、不安になるところです。
    基本的に在職期間がどんなに短くても、入社した事実があるなら、職歴です。

  25. 転職回数が多いと、印象が悪くなるか。

    転職回数が多い状態は、一般的に歓迎されない印象があります。
    「飽きやすい」「諦めやすい」など、ネガティブな印象があるため、雇用する側も採用をためらう傾向があります。
    「雇っても、また辞めるのではないか」という不安を大きくさせるのです。

  26. 労働組合の経験者は、転職では不利になるのか。

    社会人の中には、労働組合に所属した経験を持つ人もいるでしょう。
    労働組合とは、労働条件の改善や社会的地位の向上を目指して、労働者が自主的に組織する団体です。
    企業に働き掛ける印象が強いためでしょうか。

  27. 年俸で支払う場合は、ボーナスが支給されないのか。

    年俸制とは、個人の職務遂行能力に応じて、年間単位で賃金を決める制度です。
    年俸制と言えば、プロスポーツ選手が受け取る報酬の形として多いのですが、実は一般企業でも採用されることがあります。
    年俸制を採用する企業の狙いは、次の2つが中心です。

  28. 入社日が「応相談」の場合、どのくらい待ってもらえるのか。

    応募要項の中には「入社日は応相談」と書かれているものがあります。
    つまり「入社日は相談して決めましょう」という意味です。
    事情はさまざまですが、応募者の都合のため、希望の入社日をかなり先にしたいこともあるでしょう。

  29. 雇用契約書は、いつ交わされるのか。

    転職活動で内定が決まれば、雇用契約書を交わします。
    雇用契約書とは、使用者と労働者との間で、労働条件を明確にするために交わす契約書です。
    労働についてのトラブルを防ぐために、事情がないかぎり、契約を交わすのが一般的です。

  30. 転職活動の結果、今の会社にとどまる選択肢もあっていい。

    「必ず転職しなければいけない!」
    転職活動を始めると、そうした強迫観念に駆られることがあります。
    最初は「よい企業があれば転職したい」という考えだった。

同じカテゴリーの作品