人生の教科書



読み上げ動画・音声
転職・退職
転職理由が会社への不満の場合、どう伝えればいいのか。
転職・退職
転職活動での名刺交換は、少し特殊。
転職・退職
なぜ面接官は、退職理由を知りたがるのか。
転職・退職
面接の日程を休日に調整してもらうのは、失礼になるか。
転職・退職
幸いなことに、転職では、学歴はあまり重視されない。
転職・退職
異なる業界を安易に選ぶのは要注意。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り4 読んだ
6

れる条件れない条件を、
整理できていますか

職活動では、譲れる条件と譲れない条件があるはずです。

まったくこだわりがなければ理想ですが、実際は、譲れない条件がいくつかあるもの。

特に転職をしたい年齢になれば、背負うものも増えるため、譲れない条件も出やすくなるでしょう。

育児や家庭の事情から「残業はしたくない」「週休2日は確保したい」などの条件を掲げる人もいるでしょう。

中には、持病による通院や親の介護など、仕方ない事情のため、譲れないことがある人もいるはずです。

その一方で、譲れる条件もあるはずです。

「あれも嫌、これも嫌」など、わがままばかりでは、どこにも転職できなくなります。

年収アップは現実的に厳しいため、譲れる条件にしてもいいという人もいるはず。

こうした「譲れる・譲れない」の条件を、頭の中で整理して考えるのは困難です。

そこでおすすめしたいのが「可視化」です。

「譲れる条件」と「譲れない条件」を紙に書いてみましょう。

紙に書くことで見える状態になると、客観視や整理がしやすくなります。

優先順位を付ければ、着手すべき仕事がより明確になるでしょう。

紙に書くのは面倒と思うかもしれませんが、自分の考えが曖昧なままでは、転職を成功させるのは難しい。

転職を成功させたければ、たとえ面倒でも、謙虚になることが必要です。

頭の中で考えていることを紙に書き、条件の整理をおすすめします。

転職活動の面接で注意するポイント その6

  • れる条件れない条件して、
    整理する
乱れた身だしなみと慣れた様子を、同じに考えない。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品