人生の教科書



転職・退職
なぜ面接官は、退職理由を知りたがるのか。
転職・退職
セクハラ・パワハラなどが原因で辞めた。
退職理由をうまく説明するコツとは。
転職・退職
「うまくいく」と心から信じている人は、いざというときに強い。
転職・退職
ポジティブな退職は、立派な卒業。
転職・退職
退職が決まれば、遅刻や無断欠勤をしていいわけではない。
転職・退職
体調の悪化が原因で退職した場合、履歴書に書くべきか。
転職・退職

転職活動の面接で注意する
30のポイント

お気に入り0 読んだ
19

会社都合による退職を疑われた場合の対処法。

会社都合による退職を疑われた場合の対処法。 | 転職活動の面接で注意する30のポイント

退職には、2種類あります。

 

「会社都合」と「自己都合」です。

 

会社都合による退職は、会社の問題が原因ですが、自己都合による退職は、本人の問題が原因です。

同じ退職でも、面接官への印象が大きく変わるところ。

 

さて、面接で会社都合による退職を疑われたとします。

「会社都合は本当ですか」と言われるとは限りません。

面接官から退職理由をしつこく聞かれる状況が続くと「退職理由を疑われている」と感づくことがあります。

「本当です。信じてください」と言葉だけで説得するのは、得策ではありません。

やみくもに言葉だけで説得しようとすると、かえって面接官は疑いを強くする場合があります。

この場合に、活用したい書類があります。

退職証明書です。

これは、その企業で働いていた期間・職種・給与額などが書かれた証明書です。

退職する際は、企業から退職証明書が発行されるはずです。

たとえもらっていなくても、請求すれば発行してくれるはずです。

社員から退職証明書の請求があった場合、企業は交付しなければいけないことが、労働基準法で明記されています。

退職証明書には、離職理由を記載する欄がありますから、その記載があれば、強い証明になります。

できれば、疑われてから見せるのではなく、履歴書を提出するとき、退職証明書も一緒に同封するのがスムーズです。

まとめ

転職活動の面接で注意するポイント その19
  • 退職理由を疑われたときは、
    退職証明書を活用する。
なぜ面接官は、退職理由を知りたがるのか。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品