人生の教科書



転職・退職

転職活動の面接で注意する
30のポイント

お気に入り0 読んだ
4

転職アドバイザーに頼りすぎると、
かえって失敗を近づける。

転職アドバイザーに頼りすぎると、かえって失敗を近づける。 | 転職活動の面接で注意する30のポイント

転職が失敗する人は、転職アドバイザーに頼りきりであるのが特徴です。

もちろん転職の専門家ですから、分からないことを質問したり、難しい事務手続きをお願いしたりすることがあるでしょう。

カウンセリング、紹介、企業との調整などのお願いもできます。

具体的なアドバイスをいただければ、行動基準や範囲が分かり、確実なアクションを起こすことができるはずです。

 

では、すべて頼りきっていればうまくいくかというと、そうではありません。

転職アドバイザーに頼ってばかりでは、かえって危険です。

転職アドバイザーは、あくまで転職のサポーターであり、対応できる仕事にも限界があります。

転職をするのは、自分です。

重大な内容については、自分でする必要があります。

 

たとえば、自分の長所や能力の整理は、自分で考えなければいけません。

どんな希望や条件についても、やはり自分でなければ分かりません。

自己PRや志望動機も、確認はお願いできますが、原本を作るのは自分です。

自分でできることは、できるだけ自分で進めることが大切です。

自分で調べれば分かることは、できるだけ自分で調べるようにします。

時には、転職アドバイザーの提案を断る選択もあっていい。

この考えは「転職カウンセラー」「転職エージェント」「キャリアカウンセラー」など名前が違っていても、同じです。

すべてをうのみにしたり頼りきったりするのではなく、あくまでサポーターとして活用するのが賢明です。

まとめ

転職活動の面接で注意するポイント その4
  • 転職アドバイザーに頼りすぎず、
    自分でできることは自分でする。
業界への悪口は、その業界に属する企業への悪口でもある。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品