人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
転職・退職
現在の年収を、実際と違って申告すると、ばれるのか。
転職・退職
年齢差について質問されたときの答え方。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
12

年収増額は、
根拠がなければしい

年収の増額は、根拠がなければ難しい。 | 転職活動の面接で注意する30のポイント

職活動をするとき、よく出る話題の1つが年収です。

  • 「今の給与はいくらか」

  • 「希望の年収はいくらか」

転職者は希望の年収を言うわけですが、よくあるすれ違いがあります。

根拠の乏しい年収です。

 

たとえば、年収が現在500万円の人が、希望年収を700万円と主張したとします。

もちろん希望ですから、金額設定は自由です。

 

しかし大切なことは、年収の根拠です。

減額なら簡単ですが、増額となると、きちんとした根拠が必要です。

200万円の差額は、どこから出てきたものなのか。

700万円という年収の根拠を、きちんと説明できるかどうかです。

  • 「自分の年齢の平均年収は、このくらいだから」

  • 「この業界で、自分の年齢ではこのくらいもらっているから」

  • 「友達が転職したとき、このくらいの年収だったから」

希望年収の根拠が曖昧では、面接官は満足いかない顔をして、首をかしげるでしょう。

年収が多ければ多いほど嬉しいのは、誰でも同じです。

年収の根拠が曖昧では、単なる自分の都合と誤解され、内定が難しくなるでしょう。

年収は、実務経験・実績・能力などを総合判断した上で決まります。

年収の増額を希望する場合、その根拠の準備が必要です。

根拠を示した上で、希望の年収を主張すれば、面接官も深くうなずくはずです。

転職活動の面接で注意するポイント その12

  • 年収増額希望する場合
    根拠をきちんと説明できるようにしておく
若白髪がある場合、染めてから面接を受けるべきか。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品