人生の教科書



読み上げ動画・音声
転職・退職
転職活動での名刺交換は、少し特殊。
転職・退職
給与アップが希望の場合、面接で切り出してもいいのか。
転職・退職
転職活動は、1人きりの戦い。
転職・退職
譲れる条件と譲れない条件を、整理できていますか。
転職・退職
面接の日程を休日に調整してもらうのは、失礼になるか。
転職・退職
転職活動は、繁忙期を避けるのがマナー。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
2

学生がする就職活動面接官と、
転職面接官

生による就職活動での面接官。

社会人による転職活動での面接官。

同じ面接官でも、それぞれには大きな違いがあると考えていいでしょう。

学生による就職活動での面接官

学生による就職活動の場合、面接官は、人事部や採用担当などが対応する傾向があります。

つまり、面接官は、面接の専門家です。

応募者の適正を正確に見抜く力のある人が対応するはずです。

そのため面接でも、学歴・礼儀作法・話し方などから、言動の細かいところを厳しく確認される傾向があります。

厳しい質問や込み入った質問など、圧迫面接も行われやすいのが特徴です。

応募者はささいな点にも十分気を配って、対応することが求められます。

社会人による転職活動での面接官

社会人による転職活動の場合、面接官は、現場の責任者が対応する傾向があります。

面接の専門家が対応することは、ないわけではありませんが、珍しいと考えていいでしょう。

場合によっては、面接官が面接に慣れていないことも十分考えられます。

圧迫面接は行われにくく、これまでの経験や実績を、落ち着いて確認する場合が中心です。

入社後、面接官が現場の上司になる可能性も高くなります。

 

ただし、いくら面接の専門家ではないとはいえ、やはり印象は大切です。

身だしなみや礼儀作法には十分注意して、しっかり準備をした上で、面接に挑みましょう。

転職活動の面接で注意するポイント その2

  • 転職活動における面接官傾向把握する
仕事の後に受ける面接でよくある失敗。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品