人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
転職・退職
面接官の年齢や経歴が自分より低くても、横柄にならない。
転職・退職
給与アップが希望の場合、面接で切り出してもいいのか。
就職活動
1日に3社以上の面接は、すごいというより、危ない。
転職・退職
なぜ面接官は、退職理由を知りたがるのか。
転職・退職
若白髪がある場合、染めてから面接を受けるべきか。
就職活動
「最終面接まで来れば、ほぼ合格」とは考えない。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
3

仕事ける面接でよくある失敗

職活動でよくある失敗パターンがあります。

仕事をしながら転職活動をする場合、平日なら、面接は仕事の後になるでしょう。

定時に退社すれば、面接会場まで大急ぎで移動します。

そんなときによくある失敗が、疲れを見せてしまうことです。

仕事の後ですから、肉体的・精神的に、疲れがピークに達しているタイミングでしょう。

しかも、面接会場まで急いで来たなら、余計に疲れているはずです。

ぼさぼさの髪。

だらだら流れている汗。

すっかり疲れた表情。

しみやしわでいっぱいのスーツ。

汚れたビジネスシューズ。

仕方ない状況なのかもしれませんが、面接官からすると、印象がよいとは言えません。

面接に来た応募者が、おばけのようにげっそりしていれば、不安になるでしょう。

また疲れているときは、心理的にも弱っているため、無意識のうちにネガティブな言動になりがちです。

「疲れた」という独り言を言ってしまったり、ため息が増えたりすることもあるでしょう。

面接官の質問にも、投げやりな答え方をしてしまいがちです。

仕事の後に面接を受けるなら、疲れを見せないように注意しましょう。

完全に隠すのは無理でも、できるだけ見せない努力が大切です。

面接前のお手洗いで、呼吸を整えて落ち着き、身だしなみを整えます。

疲れはピークの状態かもしれませんが、もう一踏ん張りです。

「人生の勝負所」という意識を強く持ち、気持ちを引き締めましょう。

転職活動の面接で注意するポイント その3

  • 仕事ける面接では、
    できるだけれをせないようにがける
転職アドバイザーに頼りすぎると、かえって失敗を近づける。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品