人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
転職・退職
婚約指輪や結婚指輪は、面接でも身につけてよいのか。
転職・退職
年齢差について質問されたときの答え方。
転職・退職
現在の年収を、実際と違って申告すると、ばれるのか。
転職・退職
給与明細の金額を、答えられますか。
転職・退職
失敗とは、あなたの心が作り出すもの。
転職・退職
インターンシップの経験を、転職活動でアピールしてもいいのか。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り1 読んだ
23

失業期間がある場合
面接ではどう説明するのがましいのか

失業期間がある場合、面接ではどう説明するのが好ましいのか。 | 転職活動の面接で注意する30のポイント

職活動では、失業期間が出てしまう場合があります。

事情があって、退職日までに転職活動が間に合わず、失業期間ができてしまうのです。

特に失業期間が長ければ長いほど、説明に困るものですね。

 

さて、失業期間があれば、採用担当者としては、やはり理由が気になるところです。

失業期間があれば、期間の長さにかかわらず、理由や過ごし方などを質問される可能性が高いと考えていいでしょう。

失業期間は、どう説明すればいいのか。

まず避けたいのは「何もしていませんでした」という回答です。

事実だとしても、やはりよい印象を与える答えではありません。

できれば、採用担当者を納得させる理由で説明しましょう。

 

たとえば、資格取得を目指して勉強していたという説明はどうでしょうか。

嘘はつけないと思いますが、少しでも勉強していた時期があれば、嘘にはなりません。

嘘はNGですが、誇張はOKです。

「ずっと転職活動をしていました」などのストレートな理由でもかまいません。

「リフレッシュ」というキーワードも、活用できます。

 

たとえば「前職は仕事ばかりで休暇が十分取れなかった。心身を落ち着かせるため、リフレッシュしていた」と説明します。

こういう言い方をすれば、何もしていないとはいえ、納得できる理由に聞こえるでしょう。

転職に向けて、何か前向きな活動をしていたことを話せば、失業期間の印象も前向きになります。

転職活動の面接で注意するポイント その23

  • 失業期間に、
    前向きな活動をしていたことを
セクハラ・パワハラなどが原因で辞めた。
退職理由をうまく説明するコツとは。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品