人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
入社するまでに、旅行を経験しておきたい。
転職・退職
乱れた身だしなみと慣れた様子を、同じに考えない。
転職・退職
インターンシップの経験を、転職活動でアピールしてもいいのか。
就職活動
不採用の経験も、人生の大切な蓄積。
ビジネスマナー
頭だけで考えない。
トライして、失敗して、体を通して学ぶ習慣を持つこと。
転職・退職
異なる業界への転職は、何を心がければいいのか。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
25

未経験者でも、
入門書1冊くらいはんでおきたい

経験の業界に転職を希望することがあります。

事情があって進路変更があり、未経験の業界に就職活動をする人もいるでしょう。

嬉しいことに世の中には、未経験者を歓迎する企業があります。

募集条件に「未経験者でも歓迎」とあれば、知識や経験が不十分でも応募ができます。

実務経験や実績だけ重視するのではなく、熱意や意欲など、人間性を重視する企業も数多くあるのです。

未経験者を受け入れる企業があるのは、嬉しいことですね。

 

さて、未経験者を歓迎する企業とはいえ、本当に何も準備をせずに向かうのはよくありません。

せめて、入門書を1冊くらいは読んでおきたいところです。

 

たとえば、次の2つの言葉で、より好印象を抱くのはどちらですか。

  1. 「未経験です。この業界のことは、まったく分かりません」
  1. 「未経験ですが、入門書を読んで勉強してきました」

より好印象なのは、やはり入門書を読んできた人のほうではないでしょうか。

いくら未経験の業界であれ、入門書を1冊読むだけでも、面接で前向きな答え方ができるようになります。

入門書1冊でもかまわないので、準備していることが分かれば、面接官は就労意欲を評価してくれるでしょう。

もちろん余裕があれば、もっとたくさん読んでおくといいでしょう。

未経験者でも、事前の基礎的な勉強が多ければ多いほど、入社後の仕事もスムーズになります。

転職活動の面接で注意するポイント その25

  • 未経験業界でも、
    入門書1冊くらいはんで、
    面接かう
現職で大きな実績がない場合、何をアピールにすればいいのか。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品