人生の教科書



読み上げ動画・音声
転職・退職
年収の増額は、根拠がなければ難しい。
転職・退職
年齢差について質問されたときの答え方。
転職・退職
失業期間がある場合、面接ではどう説明するのが好ましいのか。
転職・退職
なぜ面接官は、退職理由を知りたがるのか。
転職・退職
若白髪がある場合、染めてから面接を受けるべきか。
転職・退職
給与アップが希望の場合、面接で切り出してもいいのか。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
22

現在年収を、
実際って申告すると、
ばれるのか

現在の年収を、実際と違って申告すると、ばれるのか。 | 転職活動の面接で注意する30のポイント

職活動では、現在の年収を確認されることがあります。

一概には言えませんが、年収と能力は、ある程度関係する傾向があります。

企業としても、応募者の現状を把握したいと思い、年収を考慮に入れることがあります。

ところが事情があり、現在の年収を正直に答えたくない人もいるかもしれません。

羞恥心やプライドなど、事情はさまざまでしょう。

§

さて、年収を事実と偽って申告した場合、ばれることはないのでしょうか。

結論から言えば、すぐばれることはありませんが、いずればれると考えたほうがいいでしょう。

源泉徴収があるからです。

転職がうまくいった場合、年末調整では、前職の給与を含めて計算する必要があります。

前職を退職する際に発行される源泉徴収票の提出が必ず求められるため、そこで前職の給与は把握されるのです。

企業によっては、過去3年分の源泉徴収票の提出を求められることもあります。

虚偽の申告をしたことが発覚すれば、本人の信用を下げてしまうでしょう。

信用は、仕事をする上で最も大事な要素の1つ。

信用を落とせば、後の業務に支障を来す可能性もあります。

年収は虚偽を申告したところで、いずればれると考えるのが妥当です。

事情はあるにせよ、企業との信頼関係のためにも、最初から正直に申告するほうが安心です。

転職活動の面接で注意するポイント その22

  • 現在年収は、
    正直申告する
失業期間がある場合、面接ではどう説明するのが好ましいのか。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品