転職・退職

転職活動の面接で注意する
30のポイント

  • 幸いなことに、
    転職では、
    学歴はあまり重視されない。
転職活動の面接で注意する30のポイント

もくじ
  1. 幸いなことに、転職では、学歴はあまり重視されない。

    幸いなことに、転職では、学歴はあまり重視されません。
    もちろん大企業への転職では、学歴も重視される場合があります。
    中小企業への転職でも、履歴書の学歴欄は一応確認します。

  2. 学生がする就職活動の面接官と、転職の面接官の違い。

    学生による就職活動での面接官。
    社会人による転職活動での面接官。
    同じ面接官でも、それぞれには大きな違いがあると考えていいでしょう。

  3. 仕事の後に受ける面接でよくある失敗。

    転職活動でよくある失敗パターンがあります。
    仕事をしながら転職活動をする場合、平日なら、面接は仕事の後になるでしょう。
    定時に退社すれば、面接会場まで大急ぎで移動します。

  4. 転職アドバイザーに頼りすぎると、かえって失敗を近づける。

    転職が失敗する人は、転職アドバイザーに頼りきりであるのが特徴です。
    もちろん転職の専門家ですから、分からないことを質問したり、難しい事務手続きをお願いしたりすることがあるでしょう。
    カウンセリング、紹介、企業との調整などのお願いもできます。

  5. 業界への悪口は、その業界に属する企業への悪口でもある。

    転職の際、前の企業の悪口を言わないのが賢明です。
    「給料が低いため、転職することにしました」
    「職場の空気が悪くて、耐えられませんでした」

  6. 譲れる条件と譲れない条件を、整理できていますか。

    転職活動では、譲れる条件と譲れない条件があるはずです。
    まったくこだわりがなければ理想ですが、実際は、譲れない条件がいくつかあるもの。
    特に転職をしたい年齢になれば、背負うものも増えるため、譲れない条件も出やすくなるでしょう。

  7. 乱れた身だしなみと慣れた様子を、同じに考えない。

    転職者が勘違いしやすいのは、身だしなみに対する考え方です。
    すでに社会で実務経験を積んでいるため、個人差はありますが、くたびれた様子が出てしまいがちです。
    ネクタイが曲がっていても、そのまま。

  8. 面接の日に、急な残業が入った。
    面接と仕事のどちらを優先すべきか。

    面接の日に、急な残業が発生することがあります。
    面接を直前にキャンセルをするのは、相手の企業にも迷惑がかかり、印象が悪いと思うでしょう。
     

  9. インターンシップの経験を、転職活動でアピールしてもいいのか。

    インターンシップの経験を転職活動でアピールするのは、控えたほうが賢明です。
    禁止ではありませんが、適切ではありません。
    転職活動は、これまでの実務経験を軸にアピールするのが基本です。

  10. 自分の経歴に自信がある人は、偉そうな態度に注意。

    転職者の中には、経歴に自信がある人もいるでしょう。
     
    たとえば、実務経験が豊富であったり、大きな実績を上げていたり、ハイレベルな資格を持っていたりなどです。

  11. 面接官の年齢や経歴が自分より低くても、横柄にならない。

    転職活動では、面接官の年齢や経歴が、自分より低い場合があります。
    実務経験と実績に自信があって転職を希望するわけです。
    企業の面接官が、自分より若くて経歴が浅い状況は珍しくありません。

  12. 年収の増額は、根拠がなければ難しい。

    転職活動をするとき、よく出る話題の1つが年収です。
    「今の給与はいくらか」
    「希望の年収はいくらか」

  13. 若白髪がある場合、染めてから面接を受けるべきか。

    若白髪に悩む人もいるでしょう。
    白髪が目立てば、やはり面接に与える印象が気になるもの。
    若白髪がある場合、染めてから面接を受けるべきでしょうか。

  14. 給与明細の金額を、答えられますか。

    転職活動の面接では、ある簡単な質問に、すぐ答えられないことがあります。
    給与明細の金額についてです。
    「自分の給与くらい、簡単に答えられる」

  15. 転職活動での名刺交換は、少し特殊。

    転職活動での名刺交換には、注意が必要です。
    転職したい企業と面接の際、面接官から、名刺をいただくことがあります。
    いつもの流れなら、自分も名刺を差し出し、名刺交換となる場面。

  16. 婚約指輪や結婚指輪は、面接でも身につけてよいのか。

    面接では、アクセサリー類を外しておくのが基本です。
    イヤリング・ブレスレット・指輪などの装飾品も、控えるのが賢明です。
    装飾を目的としたアクセサリーは、全般的に好ましくないと考えていいでしょう。

  17. 希望を伝えるなら、言い方が大切。

    面接官から「何か希望はありますか」と聞かれることがあります。
    企業としても、できるだけ応募者の希望を叶えたいと考えます。
    応募者の希望が叶えられれば、それだけ長く勤めてもらえることを期待できます。

  18. 個人情報や機密情報は、面接での取り扱いに要注意。

    面接で答えるときに、在職中の情報の扱いには注意しましょう。
     
    たとえば、個人情報や機密情報です。

  19. 会社都合による退職を疑われた場合の対処法。

    退職には、2種類あります。
    「会社都合」と「自己都合」です。
    会社都合による退職は、会社の問題が原因ですが、自己都合による退職は、本人の問題が原因です。

  20. なぜ面接官は、退職理由を知りたがるのか。

    転職活動の面接で聞かれるのは、前職の退職理由です。
    高い確率で聞かれると思っていいでしょう。
    会社都合か、自己都合か。

  21. 転職理由が会社への不満の場合、どう伝えればいいのか。

    会社への不満がきっかけで、転職に踏み切る人もいるでしょう。
    安月給、法外な残業、いじめなどです。
    面接で、正直に理由を伝えるべきかと思いますが、注意が必要です。

  22. 現在の年収を、実際と違って申告すると、ばれるのか。

    転職活動では、現在の年収を確認されることがあります。
    一概には言えませんが、年収と能力は、ある程度関係する傾向があります。
    企業としても、応募者の現状を把握したいと思い、年収を考慮に入れることがあります。

  23. 失業期間がある場合、面接ではどう説明するのが好ましいのか。

    転職活動では、失業期間が出てしまう場合があります。
    事情があって、退職日までに転職活動が間に合わず、失業期間ができてしまうのです。
    特に失業期間が長ければ長いほど、説明に困るものですね。

  24. セクハラ・パワハラなどが原因で辞めた。
    退職理由をうまく説明するコツとは。

    退職理由の中には、いじめや嫌がらせに関連していることがあります。
     
    たとえば、セクハラ・パワハラです。

  25. 未経験者でも、入門書を1冊くらいは読んでおきたい。

    未経験の業界に転職を希望することがあります。
    事情があって進路変更があり、未経験の業界に就職活動をする人もいるでしょう。
    嬉しいことに世の中には、未経験者を歓迎する企業があります。

  26. 現職で大きな実績がない場合、何をアピールにすればいいのか。

    転職活動は、実務経験が重視されますが、大きな実績のない人もいるはずです。
    仕事は単純な繰り返しだった。
    大きなプロジェクトに携わったことがない。

  27. 面接の日程を休日に調整してもらうのは、失礼になるか。

    転職活動で悩むのが、面接の日程調整です。
    仕事をしながら就職活動をするわけですから、平日は難しい人もいるでしょう。
     

  28. 出社の日程について質問されたときの答え方。

    「採用されれば、いつから出社できますか」
    そう聞かれたとき、どう答えますか。
    できるだけ具体的な答え方のほうが、社会人らしく聞こえるため適切です。

  29. 年齢差について質問されたときの答え方。

    「若い社員が多い職場です。大丈夫ですか」
    「ほかの社員と年齢差があります。年齢差は気になりますか」
    職場によっては、自分との年齢差が大きい職場もあるでしょう。

  30. 給与アップが希望の場合、面接で切り出してもいいのか。

    転職を考える人には、給与アップを目的とする人もいるでしょう。
    同じ仕事内容で給与に差があるなら、やはり給与が高い企業のほうが魅力的です。
    まず面接で給与アップの話をすることは、許容範囲です。

同じカテゴリーの作品