転職・退職

転職に成功する人と失敗する人の
30の違い

  • 転職に失敗する人は、
    パートナーと相談せずに始める。
    転職に成功する人は、
    パートナーと相談してから始める。
転職に成功する人と失敗する人の30の違い

もくじ

転職に失敗する人は、パートナーと相談せずに始める。
転職に成功する人は、パートナーと相談してから始める。

転職に失敗する人は、パートナーと相談せずに始める。転職に成功する人は、パートナーと相談してから始める。

転職希望者の中には、既婚者もいるでしょう。
独身なら、転職も自由ですが、既婚者なら、自分の判断だけでは難しいところです。
転職に失敗する人は、家族と相談せずに始めます。

転職に失敗する人は、広告に踊らされる。
転職に成功する人は、広告を受け流す。

転職に失敗する人は、広告に踊らされる。転職に成功する人は、広告を受け流す。

転職に失敗する人は、広告に踊らされるのが特徴です。
転職を勧める広告には、魅力的な言葉がいっぱいです。
「転職するなら今がチャンス」

転職に失敗する人は、安易に別の職種を選ぶ。
転職に成功する人は、できるだけ同じ職種を選ぶ。

転職に失敗する人は、安易に別の職種を選ぶ。転職に成功する人は、できるだけ同じ職種を選ぶ。

転職をするなら、職種の選び方が重要です。
職種の選び方によって、成功と失敗の明暗を分けると言っても過言ではありません。
まず転職に失敗する人は、安易に別の職種を選ぶのが特徴です。

転職に失敗する人は、無計画で繁忙期と重なる。
転職に成功する人は、計画的に繁忙期を避ける。

転職に失敗する人は、無計画で繁忙期と重なる。転職に成功する人は、計画的に繁忙期を避ける。

転職活動で重要なのが、繁忙期。
いつもより来客数や仕事量が増える、特殊な時期です。
この時期の扱い方は、転職活動の成否を分けるポイントの1つです。

転職に失敗する人は、転職動機がネガティブ。
転職に成功する人は、転職動機がポジティブ。

転職に失敗する人は、転職動機がネガティブ。転職に成功する人は、転職動機がポジティブ。

転職動機は、成功と失敗を分ける指標の1つ。
転職活動の成否は、動機で大半が決まると言っても過言ではありません。
転職に失敗する人は、転職動機がネガティブです。

転職に失敗する人は、成功談ばかり読んでいる。
転職に成功する人は、失敗談も読んでいる。

転職に失敗する人は、成功談ばかり読んでいる。転職に成功する人は、失敗談も読んでいる。

転職に失敗する人は、転職の成功談ばかり読んでいます。
「年収が1.2倍に上がりました。先日、念願の一戸建てを購入しました」
「自分の能力を生かせる職場で満足しています。転職して正解でした」

転職に失敗する人は、情報の出どころを気にしない。
転職に成功する人は、情報の出どころにこだわる。

転職に失敗する人は、情報の出どころを気にしない。転職に成功する人は、情報の出どころにこだわる。

情報は、出どころが重要です。
出どころによって、情報の精度に差があるからです。
転職に失敗する人は、情報の出どころを気にしない特徴があります。

転職に失敗する人は、実務経験と実績が不足。
転職に成功する人は、実務経験と実績が豊富。

転職に失敗する人は、実務経験と実績が不足。転職に成功する人は、実務経験と実績が豊富。

転職に失敗する人は、入社後、すぐ転職しようとします。
つまり、実務経験と実績が不足している状態です。
もちろん入社して、すぐ転職せざるを得ない状況もあります。

転職に失敗する人は、武器になるものが何もない。
転職に成功する人は、武器になるものが複数ある。

転職に失敗する人は、武器になるものが何もない。転職に成功する人は、武器になるものが複数ある。

転職に失敗する人は、武器になるものが何もありません。
就職活動では、自分が商品です。
武器になるものがないのは、商品の魅力もない状態。

転職に失敗する人は、転職アドバイザーに頼りきり。
転職に成功する人は、自分でできることは自分でする。

転職に失敗する人は、転職アドバイザーに頼りきり。転職に成功する人は、自分でできることは自分でする。

転職に失敗する人は、転職アドバイザーに頼りきりなのが特徴です。
転職アドバイザーにすべて任せれば、必ずうまくいくと信じています。
頼りになる存在であるのはたしかですが「すべて任せる」という考えは好ましくありません。

転職に失敗する人は、転職アドバイザーと普通に出会う。
転職に成功する人は、転職アドバイザーを慎重に選ぶ。

転職に失敗する人は、転職アドバイザーと普通に出会う。転職に成功する人は、転職アドバイザーを慎重に選ぶ。

転職アドバイザーにも、いろいろな人がいます。
自分と相性の合う人もいれば、そうでない人もいるでしょう。
必要最低限の仕事しかしない人もいれば、サービス精神が旺盛な人もいるでしょう。

転職に失敗する人は、労働条件の確認が不十分。
転職に成功する人は、労働条件の確認が入念。

転職に失敗する人は、労働条件の確認が不十分。転職に成功する人は、労働条件の確認が入念。

転職に失敗する人は、労働条件の確認が不十分です。
大まかな労働条件は確認しますが、細かい条件はあまり気にしません。
一部だけ確認したり、考慮が行き届いていなかったりします。

転職に失敗する人は、だらだら長期で進める。
転職に成功する人は、きびきび短期で進める。

転職に失敗する人は、だらだら長期で進める。転職に成功する人は、きびきび短期で進める。

転職に失敗する人は、転職活動の期間が長期にわたるのが特徴です。
もちろん仕事をしながら転職活動をするわけですから、ある程度の時間がかかるのは仕方ありません。
長い時間をかけたほうが、じっくり企業研究ができるでしょう。

転職に失敗する人は、コネは卑劣だと思っている。
転職に成功する人は、コネも実力だと思っている。

転職に失敗する人は、コネは卑劣だと思っている。転職に成功する人は、コネも実力だと思っている。

長く仕事を続けていると、お客様との人間関係が構築されます。
顔見知りになり、親しくなり、プライベートな話までできる関係になることも少なくありません。
そんなある日、転職活動をしている話を持ち出すと「困っているなら紹介するよ」と提案されることがあります。

転職に失敗する人は、部分的かつ安易に判断する。
転職に成功する人は、総合的かつ慎重に判断する。

転職に失敗する人は、部分的かつ安易に判断する。転職に成功する人は、総合的かつ慎重に判断する。

転職に失敗する人は、部分的かつ安易に判断します。
「年収さえ上がればいい」
「やりたい仕事さえできればいい」

転職に失敗する人は、身だしなみを古いままにする。
転職に成功する人は、身だしなみを新調する。

転職に失敗する人は、身だしなみを古いままにする。転職に成功する人は、身だしなみを新調する。

転職に失敗する人は、身だしなみへの配慮が不十分です。
生地が薄くなったスーツ。
しみの付いたワイシャツ。

転職に失敗する人は、とにかくお金をけちる。
転職に成功する人は、必要なことには、しっかりお金を使う。

転職に失敗する人は、とにかくお金をけちる。転職に成功する人は、必要なことには、しっかりお金を使う。

お金は道具。
お金があれば、物事が有利に進むのは、転職の世界でも同じです。
転職に失敗する人は、とにかくお金をけちるのが特徴です。

転職に失敗する人は、10年後の自分にびくびくする。
転職に成功する人は、10年後の自分にわくわくする。

転職に失敗する人は、10年後の自分にびくびくする。転職に成功する人は、10年後の自分にわくわくする。

転職に失敗する人は、10年後の自分にびくびくします。
一言で言えば「転職しても、仕事をうまくやっていけるだろうか」という不安です。
転職活動も不安ですが、内定をもらった後の仕事も不安。

転職に失敗する人は、本業をおろそかにする。
転職に成功する人は、本業を最優先にする。

転職に失敗する人は、本業をおろそかにする。転職に成功する人は、本業を最優先にする。

転職に失敗する人は、本業をおろそかにするのが特徴です。
仕事中は転職のことばかり考え、目の前の業務に集中できていません。
「どうせ辞める仕事なのだから適当でいい」

転職に失敗する人は、計画も行動も、勢いで無計画。
転職に成功する人は、計画は慎重で、行動は大胆。

転職に失敗する人は、計画も行動も、勢いで無計画。転職に成功する人は、計画は慎重で、行動は大胆。

そもそも転職活動に、計画があるかどうかです。
何事も、大きな仕事には計画が必要。
計画のない転職は、始める前からうまくいかないのが明らかです。

転職に失敗する人は、妥協を絶対許さない。
転職に成功する人は、妥協の覚悟がある。

転職に失敗する人は、妥協を絶対許さない。転職に成功する人は、妥協の覚悟がある。

転職するにあたり、希望が必要です。
年収・勤務地・労働条件など、いくつか希望があるでしょう。
適当な職場に就職するわけにもいきませんから、希望をいくつか述べることになります。

転職に失敗する人は、年収アップの主張が強い。
転職に成功する人は、企業に貢献する主張が強い。

転職に失敗する人は、年収アップの主張が強い。転職に成功する人は、企業に貢献する主張が強い。

転職に失敗する人は、年収アップの主張が強い。
転職するにあたり、最初に挙げる条件として、年収アップにこだわります。
もはや、絶対条件に近い状態。

転職に失敗する人は、ビジネスマナーの基本すらできない。
転職に成功する人は、ビジネスマナーの配慮までできる。

転職に失敗する人は、ビジネスマナーの基本すらできない。転職に成功する人は、ビジネスマナーの配慮までできる。

採用担当者とのやりとりにおいて、ビジネスマナーは成否を分ける重要な点です。
ビジネスマナーの様子は、その人の仕事の力を推測する材料にできるからです。
転職に失敗する人は、ビジネスマナーの基本すらできないのが特徴です。

転職に失敗する人は、電話やメールで手抜きする。
転職に成功する人は、電話もメールも選考の一部だと考える。

転職に失敗する人は、電話やメールで手抜きする。転職に成功する人は、電話もメールも選考の一部だと考える。

転職に失敗する人は、電話やメールで手抜きします。
電話もメールも、直接会ったり、自分の姿が見られたりするわけではありません。
単なる業務のやりとりであるため、手抜きします。

転職に失敗する人は、プロ意識がない。
転職に成功する人は、プロ意識が強い。

転職に失敗する人は、プロ意識がない。転職に成功する人は、プロ意識が強い。

転職活動の成否を決める要因の1つが、プロ意識です。
プロ意識は、どんな仕事でも重要です。
対価をもらって仕事をするからには、持てる力のすべてを尽くした対応が求められます。

転職に失敗する人は、前の職場を非難する。
転職に成功する人は、前の職場に感謝する。

転職に失敗する人は、前の職場を非難する。転職に成功する人は、前の職場に感謝する。

面接では、転職前の職場について聞かれることがあります。
転職希望者の背景を知るため、まずどんな企業に勤め、どんな職場環境だったのかを知りたいと考えます。
ところがここで、思わぬ失態を犯す人がいます。

転職に失敗する人は、見栄を張って、面接の練習をしない。
転職に成功する人は、初心に返って、面接の練習を徹底する。

転職に失敗する人は、見栄を張って、面接の練習をしない。転職に成功する人は、初心に返って、面接の練習を徹底する。

転職に失敗する人は、見栄を張って、面接の練習をしません。
「転職のために面接の練習なんて、必要ないだろう」
「学生ではあるまいし、今さら面接の練習なんてしていられない」

転職に失敗する人は、年収を偽って申告する。
転職に成功する人は、年収を正直に申告する。

転職に失敗する人は、年収を偽って申告する。転職に成功する人は、年収を正直に申告する。

転職に失敗する人は、年収を偽って申告します。
「年収が低いと恥ずかしい。情けない。かっこ悪い」と思い、正直に言うのをためらいます。
見栄やプライドが強いため、実際より多めに伝えてしまうのです。

転職に失敗する人は「勉強をさせてください」と言う。
転職に成功する人は「勉強します」と言う。

転職に失敗する人は「勉強をさせてください」と言う。転職に成功する人は「勉強します」と言う。

異なる業界に転職する場合、当然知らないことが多いため、新しく勉強することになるでしょう。
たとえ同じ業界への転職であっても、やはり職場が変わるわけですから、新しく学ぶこともあるはずです。
そんなとき、転職に失敗する人にありがちな一言があります。

転職に失敗する人は、突然退職を告げる。
転職に成功する人は、余裕を持って退職を告げる。

転職に失敗する人は、突然退職を告げる。転職に成功する人は、余裕を持って退職を告げる。

転職に失敗する人は、突然退職を告げます。
転職先が決まれば「今の職場のことはもう知らない」と言わんばかり。
急な退職は、職場の多くの人に迷惑をかけます。

同じカテゴリーの作品