人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
転職・退職
給与アップが希望の場合、面接で切り出してもいいのか。
転職・退職
仕事の後に受ける面接でよくある失敗。
転職・退職
自分の経歴に自信がある人は、偉そうな態度に注意。
就職活動
面接は、駅の自動改札のようなもの。
おどおどしていると、通れるものも通らなくなる。
転職・退職
若白髪がある場合、染めてから面接を受けるべきか。
就職活動
面識ができても、なれなれしくならない。

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
11

面接官年齢経歴自分よりくても、
横柄にならない

面接官の年齢や経歴が自分より低くても、横柄にならない。 | 転職活動の面接で注意する30のポイント

職活動では、面接官の年齢や経歴が、自分より低い場合があります。

実務経験と実績に自信があって転職を希望するわけです。

企業の面接官が、自分より若くて経歴が浅い状況は珍しくありません。

多くの経歴と経験を積んだ転職者から見れば、面接官が部下のように見えるかもしれません。

すると、無意識のうちに、面接官に対する態度が悪くなっている場合があります。

見下した発言をしたり、横柄な態度になっていたりなどです。

 

たしかに自分のほうが年齢も経歴も高いかもしれません。

 

 

しかし、横柄な態度には注意です。

「面接を受けてやっている」「自分を採用して当然」などの態度を見せるのはよくありません。

転職者の態度が悪ければ、いくら若い面接官でも、気分を害するでしょう。

相手が年下であり、自分より経歴が浅くても、尊重する気持ちを持つことが大切です。

もちろん自信がある自己PRは、強く主張する必要がありますが、それが横柄になってはいけません。

謙虚な態度を心がけつつも、堂々とした態度を見せましょう。

自分の言動を振り返り、心当たりがあれば、要注意です。

忙しい中、貴重な時間を割いて、面接を対応してくださっているのは事実です。

年齢や経歴に関係なく、面接官とは丁寧な態度で接することが大切なのです。

謙虚な気持ちを忘れず、忙しい中面接をしてくださったことに感謝することが大切です。

転職活動の面接で注意するポイント その11

  • 面接官年齢経歴自分よりくても、
    横柄態度をつける
年収の増額は、根拠がなければ難しい。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品