人生の教科書



読み上げ動画・音声

転職活動面接注意する
30ポイント

お気に入り0 読んだ
10

自分経歴自信があるは、
そうな態度注意

職者の中には、経歴に自信がある人もいるでしょう。

 

たとえば、実務経験が豊富であったり、大きな実績を上げていたり、ハイレベルな資格を持っていたりなどです。

武器としてアピールできるものがたくさんあればあるほど、大きな自信につながり、転職も有利になるでしょう。

転職希望者としての商品価値が高ければ、高収入も狙いにいけるはずです。

 

ただし、自分に自信があるのは素晴らしいのですが、ここで注意したい落とし穴があります。

偉そうな態度です。

無礼・横柄・非常識。

どんなに経歴を積んでいても、偉そうな態度の人は、やはり企業から嫌煙される傾向があります。

  • 「能力は高いかもしれないが、人間性に問題がある」

そう思われた瞬間、長い実務経験も大きな実績も帳消しです。

優越感に浸っていると、言葉遣いや態度が悪くなり、転職活動の思わぬ落とし穴になるのです。

転職するときは、謙虚な姿勢が大切です。

「仕事をさせてほしい」「企業に貢献したい」などの初心を思い出し、お願いする気持ちで挑むことです。

「自分の経歴を生かして企業に貢献したい」と、経歴と貢献を結んだアピールをすれば、面接官も歓迎します。

雇われる側であることを忘れず、低姿勢でお願いする態度で切り出しましょう。

自信を持っても、謙虚は忘れない人が、面接に通ります。

転職活動の面接で注意するポイント その10

  • 自分経歴自信があっても、
    尊大態度にはならず、
    謙虚態度になる

同じカテゴリーの作品