人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
面接の日程を勘違いして無断欠席した場合、どうするか。
就職活動
面接の日程を変更するときのマナー。
転職・退職
なぜ面接官は、退職理由を知りたがるのか。
転職・退職
個人情報や機密情報は、面接での取り扱いに要注意。
転職・退職
給与アップが希望の場合、面接で切り出してもいいのか。
就職活動
1日3社の面接は最終手段。
1日2社までが現実的。

転職活動の面接で注意する
30のポイント

お気に入り0 読んだ
27

面接の日程を休日に調整してもらうのは、
失礼になるか。

面接の日程を休日に調整してもらうのは、失礼になるか。 | 転職活動の面接で注意する30のポイント

転職活動で悩むのが、面接の日程調整です。

仕事をしながら就職活動をするわけですから、平日は難しい人もいるでしょう。

 

たとえば、毎日残業が多い職場なら、平日の面接は困難であると予想できます。

平日が厳しければ、残りは休日しかありません。

面接の日程を休日に調整してもらうのは、失礼になるのでしょうか。

まず、日程をいきなり休日から調整しようとするのは、控えたほうがいいでしょう。

面接の日程を調整する際、基本は平日からです。

「休日はゆっくり休みたい」と思うのは、誰でも同じです。

やはり採用担当者も「休日はゆっくりさせてほしい」というのが本音でしょう。

面接の日程も、平日を優先して調整するのが基本です。

 

ただし、例外もあります。

どうしても平日では時間調整が難しい状況があるのも、事実です。

平日では厳しい場合、採用担当者に事情を伝えた上で、休日の面接を調整できないか、尋ねてみるといいでしょう。

話し方には特に注意して、丁寧な言葉遣いで、申し訳ない様子で伝えることが大切です。

採用担当者も社会人ですから、業務で忙しい状況は理解しているはずです。

平日では厳しい状況を伝えた上で、採用担当者が納得してくれれば、休日の面接でも、不利にはならないはずです。

転職活動の面接で注意するポイント その27

  • 面接の日程が、
    平日では難しい場合は、
    休日に調整できないか聞いてみる。
出社の日程について質問されたときの答え方。

もくじ
(転職活動の面接で注意する30のポイント)

同じカテゴリーの作品