人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
面接で飲み物をこぼしてしまったとき、どうすればいいか。
就職活動
どんなに面接官の話し方が親しげでも、ため口にはならない。
就職活動
面接室で、面接官が来るのを待つときのマナー。
就職活動
素晴らしいアピールも、若者言葉を使うと、立派な印象が半減する。

面接マナー注意したい
30ポイント

お気に入り1 読んだ
29

面接官らせてしまったときの対処

接中に、うっかりした言動から、面接官を怒らせてしまうことがあります。

無礼な言葉遣いであったり、面接官のプライドを傷つけてしまったりなどです。

悪気はなくても、相手を傷つけてしまうことは、面接に限らず、日常生活でもよくあることですね。

面接官の表情が険しくなっていることが分かると、雰囲気が悪くなり、応募者としても緊張が走るでしょう。

 

さて、面接官を怒らせてしまったとき、どう対処すればいいか。

まず面接官が怒った場合、2つの可能性が考えられます。

 

「本当に怒っている場合」と「圧迫面接としてわざと怒っている場合」です。

 

険しい表情だからといって、本当に怒っているとは限りません。

圧迫面接として、怒りを大げさに演じている可能性もあります。

 

しかし、どちらの場合にせよ、応募者がするべきことは、1つです。

謝罪なのです。

  • 「申し訳ございません」

  • 「不適切な言い方でした」

  • 「今の発言は撤回します」

面接官は、丁寧な謝罪ができるかどうか、確認しています。

雰囲気が悪くて言いにくいかもしれませんが、きちんと謝罪できることが大切です。

面接マナーで注意したいポイント その29

  • 面接官ったときは、
    丁寧謝罪する
面接で飲み物をこぼしてしまったとき、どうすればいいか。

もくじ
(面接マナーで注意したい30のポイント)

同じカテゴリーの作品