人生の教科書



就職活動
OB・OG訪問について質問されたときの答え方。
就職活動
ファッションについて質問されたときの答え方。
就職活動
10年後の自分について質問されたときの答え方。
就職活動
面接の自己採点について質問されたときの答え方。
就職活動
面接会場までの道のりについて質問されたときの答え方。
就職活動
成績について質問されたときの答え方。
就職活動

意図が分かりにくい
30の面接の定番質問

お気に入り1 読んだ
2

親の職業や会社名について質問されたときの答え方。

親の職業や会社名について質問されたときの答え方。 | 意図が分かりにくい30の面接の定番質問

  • 「親はどんな仕事をされていますか」

  • 「どんな会社に勤めていらっしゃいますか」

本来なら、法律に触れる質問です。

面接で聞いてはいけない質問なのですが、実際には、意外によく聞かれる場面が目立ちます。

答える必要はありませんが、プライベートでもビジネスでも、頻繁に出る話題です。

同僚・上司・お客様などと話をしていれば、自然な流れで話題に上がることがあるでしょう。

 

さて、正直に答えるべきかどうかは、あなたしだいです。

個人的な話ですから、答えたくない場合は、無理に答える必要はありません。

「個人的なことでお答えしにくい」と言えば、面接官もそれ以上は触れないでしょう。

 

ただし、できれば差し支えない範囲で答えるほうが、スムーズにコミュニケーションが続きます。

かたくなに回答を断ると、会話に緊張が走り、コミュニケーションに悪影響でしょう。

答えたくない気持ちもあるかもしれませんが、単なる世間話の1つとして、時には寛大に受け止める場面も必要です。

もし、詳しく答えたくなければ、少し答え方を工夫すればいいだけです。

もちろん具体的に答えてもいいのですが、親の職業については、抽象的な答え方も許容範囲です。

本来は答える義務のない質問ですから、抽象的な答え方でとがめられることはありません。

「IT関係」「介護関係」「外資系」など、大雑把な言い方でも十分意味が通じます。

会社名については「某大手企業」「中小企業」など、不定称の指示代名詞を使えばいいでしょう。

詳しく言いたくない雰囲気が伝われば、面接官も、それ以上は深く質問してこないはずです。

まとめ

意図が分かりにくい面接の定番質問 その2
  • 親の職業や会社名について質問されたときは、
    できれば、
    差し支えない範囲で答える。
友達の数について質問されたときの答え方。

もくじ
(意図が分かりにくい30の面接の定番質問)

同じカテゴリーの作品