子供に礼儀と行儀をしつける
30の方法

7
9

親が子供から感謝されるのは、
ずっと後になってから。

親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。 | 子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

行儀が何かをまだ理解していないのに「行儀よくしましょう」というのは、難しいことです。

すでに物心がついている年ごろなら「行儀よくしましょう」という言い方も通じることでしょう。

しかし、まだ右も左もわかっていない幼い子供は、まだ行儀なるものを理解できません。

親が「行儀よくしましょう」という言葉から「それはいいことなのだな」とはなんとなく理解します。

ですが「これが行儀だ」というのはよくわかっていない。

子供に「行儀」についてしつけるときは、難しい理屈は抜きで結構です。

「人と会ったら挨拶をする」「脱いだ靴はそろえる」など、こういうときはそういうことをするものだと教えます。

理屈抜きで「行儀のいい動き」を教え、当たり前だと思うようになるため、周りからは「行儀がいいね」と言われるようになります。

本人は行儀を理解していなくても、自然と行儀のいい行動を実行できるようになります。

さて、ここですべての親が経験するであろう問題が発生します。

しつけることは、見方を変えれば、子供を型にはめることにもなります。

子供としては、自由活発に動き回りたいところです。

行儀というのは、言い換えれば「動きの制限」です。

靴を脱いだら、そのままほったらかしにするほうが楽です。

しかし、行儀を意識すると、わざわざ足を止め、かがんで靴をそろえなければなりません。

「きちんと靴をそろえましょう」という親が、うるさく感じる。

幼い子供は、親に対して「しつけてくれてありがとう」とは言いません。

言うはずがありません。

「いちいちうるさいなあ」と、歯向かいます。

親があれやこれやと口うるさいので、子供は親からのしつけが、口うるさく感じます。

まだこの時期は、子供は行儀を理解できていないので、当然素晴らしさも理解できていない。

なぜ親はこんな面倒なことばかりを教えるのかと思います。

親は、子供から嫌われるのを覚悟することです。

感謝されないのも当然です。

親は、初めから感謝を求めてはいけません。

いえ、感謝されるどころか、子供からうるさく言われるので、煙たがられるはずです。

そういうものです。

子供は成長して、多くの友人ができ、多くの刺激を吸収し成長することでしょう。

そんな多くの出会いの中、自分と他人との行動を比べたとき「おや?」と思うようになります。

自分が当たり前だと思っている行動と、そうでない行動との違いが見えてくるようになります。

自分は靴を脱いだらそろえるのが当たり前だと思っているのに、ほかの人はそうしない場面を目にするでしょう。

そのとき「靴をそろえていると気持ちいいな」と実感できます。

自分が当たり前だと思っている行動は、ほかの人と比べると、マナーがあるのだと気づき始めます。

そのときです。

ようやく、子供は「なるほど。これが行儀なのか」と理解できます。

自分と他人の習慣を比べ「行儀の善しあし」を、直感的に理解するようになります。

親から素晴らしいしつけを施されていたことに気づき、親に感謝するようになります。

しつけで、親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってからです。

一転して、口うるさかった親を急に感謝するようになります。

それまで、しばらく時間がかかります。

そのときまで、親は嫌われ続けるのが宿命なのです。

子供に礼儀と行儀をしつける方法(7)
  • 親ははじめ、子供から嫌われることを覚悟する。
ご近所から褒められた経験が、子供の意識を変える。

子供に礼儀と行儀をしつける30の方法
子供に礼儀と行儀をしつける30の方法

  1. 幼いときに身につけた習慣は、大人になってからも変わりにくい。
    幼いときに身につけた習慣は、大人になってからも変わりにくい。
  2. 「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。
    「お行儀よくしましょう」という言い方では、子供は行儀よく行動できない。
  3. 子供に、礼儀や行儀を教えるなら、10歳までの時期が大切。
    子供に、礼儀や行儀を教えるなら、10歳までの時期が大切。
  4. 初めは、礼儀や行儀の理屈を抜きにしつけてもいい。
    初めは、礼儀や行儀の理屈を抜きにしつけてもいい。
  5. そもそも礼儀や行儀は「頭」で覚えるのではなく「体」で覚えるもの。
    そもそも礼儀や行儀は「頭」で覚えるのではなく「体」で覚えるもの。
  6. 子供が100点や1等賞を取ったときも喜ぶ。<br>取れなくても喜ぶ。
    子供が100点や1等賞を取ったときも喜ぶ。
    取れなくても喜ぶ。
  7. 親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。
    親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。
  8. ご近所から褒められた経験が、子供の意識を変える。
    ご近所から褒められた経験が、子供の意識を変える。
  9. 正義のために生きるヒーロー番組は、子供の礼儀や行儀に好影響を与える。
    正義のために生きるヒーロー番組は、子供の礼儀や行儀に好影響を与える。
  10. 子供が駄々をこねても気軽に応じないほど、精神的に強くなる。
    子供が駄々をこねても気軽に応じないほど、精神的に強くなる。
  11. お金や物質などのご褒美を与えればいいわけではない。<br>子供が一番見たいのは、親が喜ぶ姿。
    お金や物質などのご褒美を与えればいいわけではない。
    子供が一番見たいのは、親が喜ぶ姿。
  12. 親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。
    親が喜び上手なら、子供は自然と努力をする。
  13. お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。
    お小遣いを無条件に与えていると、子供の金銭感覚は養われない。
  14. きちんとしたしつけのためには「優しさ」と「厳しさ」両方の教育方法が必要。
    きちんとしたしつけのためには「優しさ」と「厳しさ」両方の教育方法が必要。
  15. 優しさと厳しさは、偏りすぎてはいけない。<br>バランスが大切。
    優しさと厳しさは、偏りすぎてはいけない。
    バランスが大切。
  16. 子供から尊敬されるという願いは、今のところ、捨てておいたほうがいい。
    子供から尊敬されるという願いは、今のところ、捨てておいたほうがいい。
  17. 子供にプラス発想を教えるには、親がプラス発想をするだけでいい。
    子供にプラス発想を教えるには、親がプラス発想をするだけでいい。
  18. 子供にとって、学生服を着ることほど難しいことはない。
    子供にとって、学生服を着ることほど難しいことはない。
  19. 子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。
    子供が心を開くかどうかは、親の聞き方しだい。
  20. 無駄をしないのは、最も無駄。
    無駄をしないのは、最も無駄。
  21. 挨拶をしないのは、れっきとした無視行為。
    挨拶をしないのは、れっきとした無視行為。
  22. 子供の言葉に耳を傾ければ、自然と素直になる。
    子供の言葉に耳を傾ければ、自然と素直になる。
  23. 親は、子供の勇気を出す手助けをするだけでいい。
    親は、子供の勇気を出す手助けをするだけでいい。
  24. 成功であれ失敗であろうと、勇気を出して行動すれば、褒めることができる。
    成功であれ失敗であろうと、勇気を出して行動すれば、褒めることができる。
  25. 夫が仕事に精を出せば出すほど、発生しやすい矛盾点がある。
    夫が仕事に精を出せば出すほど、発生しやすい矛盾点がある。
  26. 「親は何のために働いているのか」を、きちんと子供に話す。
    「親は何のために働いているのか」を、きちんと子供に話す。
  27. 子供が何かに熱中し始めたら、とことん熱中させてあげること。
    子供が何かに熱中し始めたら、とことん熱中させてあげること。
  28. 親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。
    親になった今だからこそ、マナー教室に通う価値がある。
  29. 親が子供に対して礼儀がないと、子も親に対して礼儀がなくなる。
    親が子供に対して礼儀がないと、子も親に対して礼儀がなくなる。
  30. しつけは「従順期」「反抗期」「反省期」の3段階を経る。
    しつけは「従順期」「反抗期」「反省期」の3段階を経る。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION