人生の教科書



子育て
子供が理解できないニュース番組は、親が分かりやすく説明する。
子育て
親が子供から感謝されるのは、ずっと後になってから。
子供から嫌われることが、父親の仕事。
子供を手放せる親こそ、本当に愛の深い親。
子育て

子育て上手な親になる
30の方法

お気に入り5 読んだ
7

子供は、
小さな暴れん坊将軍。
暴れるのが、
お仕事。

子供は、小さな暴れん坊将軍。暴れるのが、お仕事。 | 子育て上手な親になる30の方法

子供に制限を与えてしまうことは、可能性を制限させてしまうことになります。

「あれもダメ。これもダメ」という教え方では「じゃあ、何をすればいいのか」と言うことになります。

特に子供は「小さな暴れん坊将軍」です。

目の前にあることに力加減をすることなく、思いきってぶつかっていきます。

これが子供のお仕事なのです。

暴れて当然。

そんなときに「あれもダメ。これもダメ」と言ってしまうのは、子供のお仕事を取り上げてしまうことになるのです。

人の迷惑になるようなことでなければ、どんどん思いきってやらせてあげるほうが子供には健全なのです。

私は小さなころから機械が大好きでした。

もともと私の父が機械関係の仕事に就いていたため、家の中には常に機械の部品が転がっていました。

そのために物心ついたときから、よく機械を使って遊んでいました。

コンデンサー、集積回路、スクリュードライバーを使って、機械を組み立てたり分解してみたりと、好きなことをし放題でした。

親は決して「それ以上はやるな」とは言いませんでした。

「好きなだけやりなさい」という許可を与えてくれました。

そのおかげもあって、私は興味のあった機械を思いきり体当たりすることができました。

そこで身についた知識や知恵が、今に生きています。

私がコンピューター関係の仕事に就いたことも、パソコンの知識を身につけサイトを立ち上げたことも、ここから由来しています。

子供のころに思う存分好きなことをさせてくれたおかげで、今の自分の力になっているのです。

子供のころに自分の人生を決める大きなことをやっていたのかと思うと、幼少期の教育は大切であることを思い知らされます。

これは私だけの話ではないはずです。

往々にして人生の道を決めるような「最初の1歩」は、ほとんどの場合、子供のころにあります。

子供のころに何に興味を持ち、どれだけ打ち込んだかがその人の一生を決めていきます。

子供は暴れることが仕事だと言いました。

子供が大人になってしっかり仕事をするためにも、子供のころに好きなことをどんどんやらせてあげないといけないのです。

子供に対して「ダメ」という制限を与えることは、子供の将来をつぶすことになりかねません。

それ以後の子供の人生を大きく左右するほどの体験を制限されてできなければ、子供は何をすればいいのでしょうか。

親の言うことをよく聞き、じっとしている子供がいい子供なのではありません。

親が発狂してしまいそうなほど、暴れん坊であることが子供の仕事であり、将来への道につながるのです。

まとめ

子育て上手な親になる方法 その7
  • 子供に好きなことを、思う存分やらせてあげる。
次のページ >>
たくさんの紙を与えてあげると、子供の書く力はどんどん伸びていく。

もくじ
(子育て上手な親になる30の方法)

同じカテゴリーの作品