執筆者:水口貴博

「考える力」のある子どもに育てる
30の方法

29
10

日記をつけると、
なぜか子どものテストの結果がよくなる理由。

日記をつけると、なぜか子どものテストの結果がよくなる理由。 | 「考える力」のある子どもに育てる30の方法

「日記をつける人は、ぼけにくい」

医療現場にはそういうデータがあります。

事実、私の祖父も日記をつける習慣がありましたが、78歳で死ぬ最後まで、まったくぼけることはありませんでした。

いえ、死ぬ直前まで若者のようにはっきりした話し方で、記憶も意識もはっきりしていました。

その祖父には、毎晩就寝前、日記をつける習慣がありました。

何冊も日記があり、昔の日記を見ると、なんと私が生まれた日の記録まで残っていて、驚かされたことがあります。

「そんな昔から続けていたのか!」

生まれる前の何十年も前から、1日も欠かさず書き続けていたのかと思うと、言葉を失います。

まさに尊敬です。

日記をそんなに続けられる人は、そういるものではありません。

祖父の日記から、自分の生まれた様子を知るのは、不思議な感じがします。

私は、1980年の7月7日の月曜日、夜中に生まれました。

日記によると生まれた直後、まず父が急いで病院に駆けつけた様子がつづられています。

その後祖父や祖母が車に乗って病院に駆けつけたそうです。

生々しい記録が残っており、すごく印象深い文章でした。

一方、日記をつけない祖母は、70代に入ってからぼけてしまいました。

昔から積極的に外出することが少なく出無精で、家でじっとしていることが多い祖母でした。

そもそもそういう性格でした。

「日記は頭にいい」と昔からよく言われます。

なぜかというと「想起を促す行為」だからです。

ぼけるというのは「昔を思い出せなくなる」ということです。

思い出す習慣がなくなるからぼけます。

私たちの日常には、普通に暮らしていれば、思い出す機会がたくさんあります。

人と会ったとき、名前を思い出す。

仕事に着手しようとするとき、仕事内容を思い出す。

買い物でデパートに向かったとき、買おうとしていたものを思い出す。

普通に暮らしていると、思い出す機会は数多くあり、記憶力の低下を防ぎます。

しかし、足腰が弱ってしまうと出無精になり、部屋でじっとしている時間が長くなります。

部屋でじっとしていると、刺激も入ってこない時間も長くなり、同時に思い出す機会も少なくなります。

脳の神経は、使っているところは強化されますが、使わない部分は衰弱します。

思い出す機能を使わなくなったため、脳の「思い出そうとする機能」も弱ってしまいます。

日記をつけると絶対にぼけないわけではありませんが、脳にいい刺激を与えることはたしかです。

脳は、使えば使うほど強化されます。

強化するためには、どんどん使うことです。

そこで、子どもに日記をつける習慣を持たせてみましょう。

日記をつけると、子どもの成績がよくなります。

テストもいわば、昔を思い出す行為です。

頭が柔らかい時期に昔を思い出す機会が習慣になれば、思い出すために使う脳神経が強化されます。

昔を思い出す力が強化されると、テスト前に覚えたことも思い出しやすくなる。

その結果、テストの結果がよくなります。

脳が柔らかいときこそ、過去を思い出す機会を頻繁に作ると、それだけ脳が柔軟に対応しようとします。

特に子どもは毎日が新しい発見の連続ですから、日記のネタも続きやすいことでしょう。

どんどん日記を書かせて、思い出す機会をつくらせましょう。

日記は脳を鍛えるダンベルになるのです。

「考える力」のある子どもに育てる方法(29)
  • 日記をつける習慣を、持たせる。
過去にあった出来事を思い出すことで、子どもは落ち着いた性格になる。

「考える力」のある子どもに育てる30の方法
「考える力」のある子どもに育てる30の方法

  1. すべての子どもは勉強したい気持ちがある。
    すべての子どもは勉強したい気持ちがある。
  2. 「今知らなくてもいい」という言葉を、禁句にする。
    「今知らなくてもいい」という言葉を、禁句にする。
  3. デパートほど、子どもに社会経験させる場所はない。
    デパートほど、子どもに社会経験させる場所はない。
  4. 食品売り場は、あらゆる人が元気になれる場所。
    食品売り場は、あらゆる人が元気になれる場所。
  5. お使いとはいえ、いい勉強です。<br>子どもの想像力を鍛える、いい機会になる。
    お使いとはいえ、いい勉強です。
    子どもの想像力を鍛える、いい機会になる。
  6. 大人と子どもとでは、見える景色が全然違う。
    大人と子どもとでは、見える景色が全然違う。
  7. 面倒見の悪い親のほうが、子どもはすくすく育つ?
    面倒見の悪い親のほうが、子どもはすくすく育つ?
  8. もたもたする時間は無駄ではない。<br>手足の運動神経のトレーニングになっている。
    もたもたする時間は無駄ではない。
    手足の運動神経のトレーニングになっている。
  9. 子どもが理解できないニュース番組は、親がわかりやすく説明する。
    子どもが理解できないニュース番組は、親がわかりやすく説明する。
  10. 生き物を飼うと、子どもの感情が豊かになる。
    生き物を飼うと、子どもの感情が豊かになる。
  11. 子どもから、赤ちゃんができる理由を質問されたときの答え方。
    子どもから、赤ちゃんができる理由を質問されたときの答え方。
  12. 重大ニュースは、危険を予知する機会に変えろ!
    重大ニュースは、危険を予知する機会に変えろ!
  13. 朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。
    朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。
  14. 普段は軽い調子でもいいが、しつけのときだけは厳しくなること。
    普段は軽い調子でもいいが、しつけのときだけは厳しくなること。
  15. 親が真面目な表情で語りかけると、子どもも真面目に考える性格になる。
    親が真面目な表情で語りかけると、子どもも真面目に考える性格になる。
  16. 「物は大事に扱いなさい」という親。<br>壊れにくい物を与えられる子。<br>ここに重大な矛盾がある。
    「物は大事に扱いなさい」という親。
    壊れにくい物を与えられる子。
    ここに重大な矛盾がある。
  17. 本当は、泣かない子より、泣ける子のほうが強い。
    本当は、泣かない子より、泣ける子のほうが強い。
  18. 「黙って言うことを聞きなさい」より「黙ってないで、言いたいことを言いなさい」
    「黙って言うことを聞きなさい」より「黙ってないで、言いたいことを言いなさい」
  19. なぜ、子どもははしゃぐのか。<br>大切な初心を忘れていませんか。
    なぜ、子どもははしゃぐのか。
    大切な初心を忘れていませんか。
  20. 「うるさい」と言うだけでは、子どもの教育にはなっていない。
    「うるさい」と言うだけでは、子どもの教育にはなっていない。
  21. 気分に流されず、子どものしつけに「一貫性」を持たせる。
    気分に流されず、子どものしつけに「一貫性」を持たせる。
  22. 一貫性を保てないときは、理由をつけてつじつまを合わせる。
    一貫性を保てないときは、理由をつけてつじつまを合わせる。
  23. 信用される人間に育てる2つのポイント。<br>「約束を守ること」と「嘘をつかないこと」。
    信用される人間に育てる2つのポイント。
    「約束を守ること」と「嘘をつかないこと」。
  24. 「いい質問だね」という言葉は、質問を褒めると同時に、質問者も褒めている。
    「いい質問だね」という言葉は、質問を褒めると同時に、質問者も褒めている。
  25. 「どこがわからないの?」と尋ねれば、問題の突破口は見いだせる。
    「どこがわからないの?」と尋ねれば、問題の突破口は見いだせる。
  26. 歩くペースを2分の1にすれば、発見は2倍に増える。
    歩くペースを2分の1にすれば、発見は2倍に増える。
  27. 昆虫たちとの触れ合いは、生と死について考えさせられる機会になる。
    昆虫たちとの触れ合いは、生と死について考えさせられる機会になる。
  28. 物やサービスがあふれる都会がいいとは限らない。<br>田舎には、都会にはない昆虫や大自然に囲まれる環境がある。
    物やサービスがあふれる都会がいいとは限らない。
    田舎には、都会にはない昆虫や大自然に囲まれる環境がある。
  29. 日記をつけると、なぜか子どものテストの結果がよくなる理由。
    日記をつけると、なぜか子どものテストの結果がよくなる理由。
  30. 過去にあった出来事を思い出すことで、子どもは落ち着いた性格になる。
    過去にあった出来事を思い出すことで、子どもは落ち着いた性格になる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION