子育て

「考える力」のある子供に育てる
30の方法

2
13

朝食のバイキングで、
家族全体が引き締まる。

朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。 | 「考える力」のある子供に育てる30の方法

ある休日前夜、ふと、母が口にする言葉がありました。

はっとした表情をして、唐突に「明日の朝食は、外食でバイキングに行こう」と言い始めます。

「どうしたんだ? いきなり」と思います。

面白いことに、だいたい言い始めるのは母です。

おそらく母の頭の中では次のようなプロセスがあったのでしょう。

  • 夜になり、朝食のメニューを考える

  • 面倒だと感じ、朝食は外食にすることを思いつく

  • 唐突に「明日の朝食は、外食でバイキングに行こう」と言い始める

こうした思考プロセスは、不思議なことに子供でもよくわかります。

そういうこともあって、ときおり水口家では、休日の朝食として外食に行くことがありました。

いきなり朝から外食も悪くありません。

たまたま家の近くに、バイキング形式で朝食を提供するレストランがあり、そこによく行きました。

私は母の気持ちが見える一方で「やった!」という気持ちでいっぱいでした。

ほとんどの子供は、バイキングが大好きです。

子供が「バイキングが嫌いだ」という人を見たことがありませんね。

自分で好きな料理を自分で選ぶことができ、しかも食べ放題だからです。

子供にとって「バイキング」は嬉しくてたまりませんし、私もその1人でした。

次の日、朝食としてバイキング形式のレストランへ外食することになりました。

外食に出かけると、意外な効果がありました。

家族全員が、確実に早起きをするようになります。

もちろん私も「バイキングのためなら」と思い、休日でも早起きをするようになりました。

家族全員が「明日は朝食に出かける」ということがわかっているので、休日の朝が引き締まりやすい。

しかも、朝から家族全員が必ずそろうことになります。

休日ですから、時間はゆっくりしていますし、会話も弾みやすい。

食べに行った帰りに、デパートに寄ってさらに時間をつぶすということも、珍しくありませんでした。

子供を休日に早起きさせたければ、食い物の力です。

「考える力」のある子供に育てる方法(13)
  • 休日の朝食は、バイキング形式のところへ食べに行く。
普段は軽い調子でもいいが、しつけのときだけは厳しくなること。

もくじ
「考える力」のある子供に育てる30の方法
朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。 | 「考える力」のある子供に育てる30の方法

  1. すべての子供は勉強したい気持ちがある。
    すべての子供は勉強したい気持ちがある。
  2. 「今知らなくてもいい」という言葉を、禁句にする。
    「今知らなくてもいい」という言葉を、禁句にする。
  3. デパートほど、子供に社会経験させる場所はない。
    デパートほど、子供に社会経験させる場所はない。
  4. 食品売り場は、あらゆる人が元気になれる場所。
    食品売り場は、あらゆる人が元気になれる場所。
  5. お使いとはいえ、いい勉強です。<br>子供の想像力を鍛える、いい機会になる。
    お使いとはいえ、いい勉強です。
    子供の想像力を鍛える、いい機会になる。
  6. 大人と子供とでは、見える景色が全然違う。
    大人と子供とでは、見える景色が全然違う。
  7. 面倒見の悪い親のほうが、子供はすくすく育つ?
    面倒見の悪い親のほうが、子供はすくすく育つ?
  8. もたもたする時間は無駄ではない。<br>手足の運動神経のトレーニングになっている。
    もたもたする時間は無駄ではない。
    手足の運動神経のトレーニングになっている。
  9. 子供が理解できないニュース番組は、親がわかりやすく説明する。
    子供が理解できないニュース番組は、親がわかりやすく説明する。
  10. 生き物を飼うと、子供の感情が豊かになる。
    生き物を飼うと、子供の感情が豊かになる。
  11. 子供から、赤ちゃんができる理由を質問されたときの答え方。
    子供から、赤ちゃんができる理由を質問されたときの答え方。
  12. 重大ニュースは、危険を予知する機会に変えろ!
    重大ニュースは、危険を予知する機会に変えろ!
  13. 朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。
    朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。
  14. 普段は軽い調子でもいいが、しつけのときだけは厳しくなること。
    普段は軽い調子でもいいが、しつけのときだけは厳しくなること。
  15. 親が真面目な表情で語りかけると、子供も真面目に考える性格になる。
    親が真面目な表情で語りかけると、子供も真面目に考える性格になる。
  16. 「物は大事に扱いなさい」という親。<br>壊れにくい物を与えられる子。<br>ここに重大な矛盾がある。
    「物は大事に扱いなさい」という親。
    壊れにくい物を与えられる子。
    ここに重大な矛盾がある。
  17. 本当は、泣かない子より、泣ける子のほうが強い。
    本当は、泣かない子より、泣ける子のほうが強い。
  18. 「黙って言うことを聞きなさい」より「黙ってないで、言いたいことを言いなさい」
    「黙って言うことを聞きなさい」より「黙ってないで、言いたいことを言いなさい」
  19. なぜ、子供ははしゃぐのか。<br>大切な初心を忘れていませんか。
    なぜ、子供ははしゃぐのか。
    大切な初心を忘れていませんか。
  20. 「うるさい」と言うだけでは、子供の教育にはなっていない。
    「うるさい」と言うだけでは、子供の教育にはなっていない。
  21. 気分に流されず、子供のしつけに「一貫性」を持たせる。
    気分に流されず、子供のしつけに「一貫性」を持たせる。
  22. 一貫性を保てないときは、理由をつけてつじつまを合わせる。
    一貫性を保てないときは、理由をつけてつじつまを合わせる。
  23. 信用される人間に育てる2つのポイント。<br>「約束を守ること」と「嘘をつかないこと」。
    信用される人間に育てる2つのポイント。
    「約束を守ること」と「嘘をつかないこと」。
  24. 「いい質問だね」という言葉は、質問を褒めると同時に、質問者も褒めている。
    「いい質問だね」という言葉は、質問を褒めると同時に、質問者も褒めている。
  25. 「どこがわからないの?」と尋ねれば、問題の突破口は見いだせる。
    「どこがわからないの?」と尋ねれば、問題の突破口は見いだせる。
  26. 歩くペースを2分の1にすれば、発見は2倍に増える。
    歩くペースを2分の1にすれば、発見は2倍に増える。
  27. 昆虫たちとの触れ合いは、生と死について考えさせられる機会になる。
    昆虫たちとの触れ合いは、生と死について考えさせられる機会になる。
  28. 物やサービスがあふれる都会がいいとは限らない。<br>田舎には、都会にはない昆虫や大自然に囲まれる環境がある。
    物やサービスがあふれる都会がいいとは限らない。
    田舎には、都会にはない昆虫や大自然に囲まれる環境がある。
  29. 日記をつけると、なぜか子供のテストの結果がよくなる理由。
    日記をつけると、なぜか子供のテストの結果がよくなる理由。
  30. 過去にあった出来事を思い出すことで、子供は落ち着いた性格になる。
    過去にあった出来事を思い出すことで、子供は落ち着いた性格になる。

同じカテゴリーの作品