人生の教科書



ニート
ニートから脱出するには、自分で自分を褒める習慣が必要。
ニート
就職の準備は、自分の部屋でしないほうがいい。
ニート
他人の不幸を笑う時間を、就職活動に回す。
建設的な時間になるだろう。
ニート
あなたの部屋の扉は、未来に続く扉。
子育て
親の習慣が、子の習慣になる。
子育て
歯磨きの習慣がないと、大人になってから苦労する。
ニート

ニートが人生逆転する
30の方法

お気に入り13 読んだ
16

自分だけの、
元気の出る言葉集を作る。

自分だけの、元気の出る言葉集を作る。 | ニートが人生逆転する30の方法

ノートを1冊買いましょう。

ノートの大きさは自由ですが、持ち運びやすい大きさがおすすめです。

表紙には、こう書きましょう。

「元気の出る言葉集」と。

今日から、日常で出会った、元気の出る言葉を、そのノートに書き込んでいきましょう。

「本屋で『元気の出る言葉集』を買えばいいのではないか」と思いますが、少し違うのです。

本屋に置かれている、元気の出る言葉集は、他人が作ったものです。

他人の趣味や好みが含まれていますから、必ずしも共感できるものとは限りません。

中には、意味が理解できない内容も含まれているでしょう。

自分で作るからいいのです。

自分だけに特化した、一品です。

本を読んで、元気の出る言葉を見つければ、メモしましょう。

映画を読んで、感動的な言葉に出会えば、メモしましょう。

会話中、どきっとした一言を言われれば、メモしましょう。

元気の出る言葉を、ノートにどんどん書き込んでいきます。

いい言葉に出会えた日は、いい1日です。

ほんの少しですが、心が強くなれました。

しばらくしてノートを見返すと、これまで出会った、元気の出る言葉に、いつでも出会えます。

その習慣を続けていくと、だんだん心が強くなります。

 

さて、この習慣を勧める本当の意味は、別にあります。

言葉を書き留める習慣ができると、普段から無意識のうちに「元気になることはないかな」と探すようになります。

つまり、自分からポジティブを求める習慣になるのです。

ポジティブを求める習慣を定着させるためにも、しばらくの間、元気の出る言葉集の作成に専念してみてください。

そのノートがすべて埋まるころには、あなたはポジティブ思考の達人になっているはずです。

プラス思考が当たり前になっているのです。

まとめ

ニートが人生逆転する方法 その16
  • 自分だけの「元気の出る言葉集」を作る。
次のページ >>
「普通なんてつまらない」と言えば、普通でないことが正当化される。

もくじ
(ニートが人生逆転する30の方法)

同じカテゴリーの作品