人生の教科書



子育て
子供が理解できないニュース番組は、親が分かりやすく説明する。
子育て
本当は、泣かない子より、泣ける子のほうが強い。
子育て
普段は軽い調子でもいいが、しつけのときだけは厳しくなること。
子育て
なぜ、子供ははしゃぐのか。
大切な初心を忘れていませんか。
ダイエット
野菜ジュースは、最高の美容液。
ニート
役立つであろうニュースが、ニートからの脱出を妨げている。
子育て

「考える力」のある子供に育てる
30の方法

お気に入り3 読んだ
12

重大ニュースは、
危険を予知する機会に変えろ!

重大ニュースは、危険を予知する機会に変えろ! | 「考える力」のある子供に育てる30の方法

ある日、家族で食卓を囲んでいると、テレビで大地震のニュースが流れました。

マグニチュード8級の巨大地震のニュースでした。

テレビには、全壊した民家や血だらけになった人が泣き叫んでいる様子が映し出されていました。

食卓には、少しきつい場面です。

最初は、他人事のように話が始まります。

親は「うわっ、大変だなあ。すべてがつぶれて台無しだ」と言います。

だいたいいつも、ここから話が脱線します。

必ず「もし」が続きます。

「もし、この場所であれくらいの大地震が来たらどうなるか」と言う父。

「よし。とりあえず、近くに神社があるからそこを家族の避難場所にしよう」と言葉を続けます。

いつの間にか、父は大地震が来たときの避難場所を決めてしまいます。

いえいえ、まだまだ脱線は続きます。

次に母が言います。

この家は建築して20年くらいだから強度が弱ってきている。大きな地震があれば壊れるのではないか。

さらに父が続けます。

  • 「だったら、一度、専門業者に検査してもらったほうがいい。でももし補強工事をするなら、あまり予算に余裕はないぞ」

すると、節約志向の強い母は、鋭い指摘をします。

  • 「だったら、業者が忙しくない時期に言えば割り引いてもらえるはず。壊れてから治すより、長持ちさせたほうが節約できる」

私は口を挟めません。

  • 「考えすぎ。心配しすぎ。そこまで話を進めなくても」

そう思いながらも、両親は真面目な表情で真剣に話し合っています。

自分や家族に関係している話なので、とりあえず話の内容は気になりますし考えさせられます。

そういうことは、日常茶飯事でした。

水口家では、ふとしたニュースをきっかけに、いつの間にか話が進んでいます。

これが、ニュースのいいところです。

単に、ニュースを見て終わりにするのではありません。

重大ニュースを家族で一緒に見て、自分と重ねたり、家族と重ねたりして、考える機会に変えましょう。

テレビで、さまざまな災害や事故のニュースが流れます。

水害・盗難・事故・誘拐・借金など。

こういうニュースが流れるたびに、家族で話し合える機会になるはずです。

小さなテーマでも、かなり幅を広げて話し合える機会になるはずです。

自分の身に降りかからないとは限りません。

他人事と思えるニュースも、自分に重ねたり、家族に重ねたりして考えると、真剣になれるはずです。

自分や家族に関係している話ですから、子供は耳を傾けますし、考えさせられる機会になるでしょう。

もちろんこうした話は「危険を予知する能力」につながります。

子供も家族も危険を予知し、話し合って考える。

テレビニュースは、素晴らしい学習教材なのです。

まとめ

「考える力」のある子供に育てる方法 その12
  • テレビのニュースを見て、
    危険を予知する力を鍛える。
朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。

もくじ
(「考える力」のある子供に育てる30の方法)

同じカテゴリーの作品