子育て

「考える力」のある子供に育てる
30の方法

6
15

親が真面目な表情で語りかけると、
子供も真面目に考える性格になる。

親が真面目な表情で語りかけると、子供も真面目に考える性格になる。 | 「考える力」のある子供に育てる30の方法

私は、昔からいろいろ考える習慣があります。

いつも考えてばかりで頭がパンクしそうなので、サイトを通じて考えてきたことを公開しています。

考える性格は頑張って身につけたものではなく、昔からいつの間にか自然と身についたものです。

HappyLifeStyleの話のネタなら、死ぬまでいくらでも出てきそうです。

いつからこういう性格になったのかと振り返ったとき、ふと、親からの影響に心当たりを感じました。

親からの影響を受けている部分が大きいのではないかと思います。

もちろんすべてが親の影響とは限りませんが、親譲りの部分はあると感じます。

私の親はどういう人かというと、真面目な顔をして話しかける人です。

父もそうです。

母もそうです。

子である私に話しかけるとき、真面目な顔になります。

特に父は日常会話でも、あまり冗談は言いません。

笑いながら話をしたり冗談を言ったりすることは、あまりありません。

私は長男なので、特にそういう傾向が強いのでしょう。

家族なのに、急に静かな雰囲気になります。

「貴博、高校を卒業したらどうするつもりだ」

「中学に入ったら、どんな部活に入るつもりだ」

「友達とはうまくやっているか」

「この前のテストの結果はどうだった」

会議室で話をしているような、厳粛な雰囲気があります。

それは私が社会人になった今でも変わりません。

「仕事の調子はどうだ」

「職場のみんなとうまくやっているか」

「実家には帰ってこないのか」

真面目な顔をして、いろいろ尋ねてきます。

親が笑いながら尋ねてくれば、おそらく私も笑いながら適当に言い返したでしょう。

 

しかし、親の表情には冗談がありません。

親が真面目な顔になって尋ねてくると、子供は冗談が言えなくなります。

「真面目に心配している。だから真面目に考えて答えてほしい」

そういう印象がひしひし伝わってきます。

親が本気になって話しかけるため、親の質問に答えるときは、真剣に考えて答えていました。

昔からそういう人でした。

昔から続いていたので、その結果、私もいろいろ真剣に考える習慣がついていきました。

子供に話しかけるときの「顔」は大切です。

子供が真剣に考える習慣は、言って身につくものではありません。

親が真面目な姿勢を見せて、身につくものです。

見せると言っても、難しいことはありません。

両親は、真剣で真面目な顔をして話をすることで、子供にも同じように真面目に考え、答えさせようとします。

もちろんたまにはジョークを交えてリラックスもいいですが、どこかでそういう本気さは必要です。

親が真面目な顔をして話しかけることで、子供も考えるような性格へと変わるのです。

「考える力」のある子供に育てる方法(15)
  • 真面目な話をするときは、真面目な顔で話しかける。
「物は大事に扱いなさい」という親。
壊れにくい物を与えられる子。
ここに重大な矛盾がある。

もくじ
「考える力」のある子供に育てる30の方法
親が真面目な表情で語りかけると、子供も真面目に考える性格になる。 | 「考える力」のある子供に育てる30の方法

  1. すべての子供は勉強したい気持ちがある。
    すべての子供は勉強したい気持ちがある。
  2. 「今知らなくてもいい」という言葉を、禁句にする。
    「今知らなくてもいい」という言葉を、禁句にする。
  3. デパートほど、子供に社会経験させる場所はない。
    デパートほど、子供に社会経験させる場所はない。
  4. 食品売り場は、あらゆる人が元気になれる場所。
    食品売り場は、あらゆる人が元気になれる場所。
  5. お使いとはいえ、いい勉強です。<br>子供の想像力を鍛える、いい機会になる。
    お使いとはいえ、いい勉強です。
    子供の想像力を鍛える、いい機会になる。
  6. 大人と子供とでは、見える景色が全然違う。
    大人と子供とでは、見える景色が全然違う。
  7. 面倒見の悪い親のほうが、子供はすくすく育つ?
    面倒見の悪い親のほうが、子供はすくすく育つ?
  8. もたもたする時間は無駄ではない。<br>手足の運動神経のトレーニングになっている。
    もたもたする時間は無駄ではない。
    手足の運動神経のトレーニングになっている。
  9. 子供が理解できないニュース番組は、親がわかりやすく説明する。
    子供が理解できないニュース番組は、親がわかりやすく説明する。
  10. 生き物を飼うと、子供の感情が豊かになる。
    生き物を飼うと、子供の感情が豊かになる。
  11. 子供から、赤ちゃんができる理由を質問されたときの答え方。
    子供から、赤ちゃんができる理由を質問されたときの答え方。
  12. 重大ニュースは、危険を予知する機会に変えろ!
    重大ニュースは、危険を予知する機会に変えろ!
  13. 朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。
    朝食のバイキングで、家族全体が引き締まる。
  14. 普段は軽い調子でもいいが、しつけのときだけは厳しくなること。
    普段は軽い調子でもいいが、しつけのときだけは厳しくなること。
  15. 親が真面目な表情で語りかけると、子供も真面目に考える性格になる。
    親が真面目な表情で語りかけると、子供も真面目に考える性格になる。
  16. 「物は大事に扱いなさい」という親。<br>壊れにくい物を与えられる子。<br>ここに重大な矛盾がある。
    「物は大事に扱いなさい」という親。
    壊れにくい物を与えられる子。
    ここに重大な矛盾がある。
  17. 本当は、泣かない子より、泣ける子のほうが強い。
    本当は、泣かない子より、泣ける子のほうが強い。
  18. 「黙って言うことを聞きなさい」より「黙ってないで、言いたいことを言いなさい」
    「黙って言うことを聞きなさい」より「黙ってないで、言いたいことを言いなさい」
  19. なぜ、子供ははしゃぐのか。<br>大切な初心を忘れていませんか。
    なぜ、子供ははしゃぐのか。
    大切な初心を忘れていませんか。
  20. 「うるさい」と言うだけでは、子供の教育にはなっていない。
    「うるさい」と言うだけでは、子供の教育にはなっていない。
  21. 気分に流されず、子供のしつけに「一貫性」を持たせる。
    気分に流されず、子供のしつけに「一貫性」を持たせる。
  22. 一貫性を保てないときは、理由をつけてつじつまを合わせる。
    一貫性を保てないときは、理由をつけてつじつまを合わせる。
  23. 信用される人間に育てる2つのポイント。<br>「約束を守ること」と「嘘をつかないこと」。
    信用される人間に育てる2つのポイント。
    「約束を守ること」と「嘘をつかないこと」。
  24. 「いい質問だね」という言葉は、質問を褒めると同時に、質問者も褒めている。
    「いい質問だね」という言葉は、質問を褒めると同時に、質問者も褒めている。
  25. 「どこがわからないの?」と尋ねれば、問題の突破口は見いだせる。
    「どこがわからないの?」と尋ねれば、問題の突破口は見いだせる。
  26. 歩くペースを2分の1にすれば、発見は2倍に増える。
    歩くペースを2分の1にすれば、発見は2倍に増える。
  27. 昆虫たちとの触れ合いは、生と死について考えさせられる機会になる。
    昆虫たちとの触れ合いは、生と死について考えさせられる機会になる。
  28. 物やサービスがあふれる都会がいいとは限らない。<br>田舎には、都会にはない昆虫や大自然に囲まれる環境がある。
    物やサービスがあふれる都会がいいとは限らない。
    田舎には、都会にはない昆虫や大自然に囲まれる環境がある。
  29. 日記をつけると、なぜか子供のテストの結果がよくなる理由。
    日記をつけると、なぜか子供のテストの結果がよくなる理由。
  30. 過去にあった出来事を思い出すことで、子供は落ち着いた性格になる。
    過去にあった出来事を思い出すことで、子供は落ち着いた性格になる。

同じカテゴリーの作品