人生の教科書



金銭感覚
徹底的な節約は、お金持ちになる基本。
金銭感覚
お金の問題とは、心の問題。
スキル
お金持ちより、時間持ちになろう。
金銭感覚
「必要な物」で満足できる人が、お金持ちになれる。
金銭感覚
お金の量が、心の大きさに変わる。
金銭感覚
お金の自慢は、身を滅ぼす習慣。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り27 読んだ
9

たくさん儲けようとするのではなく、
少なく使う。

たくさん儲けようとするのではなく、少なく使う。 | 金銭感覚を身につける30の方法

お金持ちになりたいとき、次のどちらのほうが、より重要だと思いますか。

  1. 収入を増やす
  1. 支出を減らす

答えは、明らかです。

支出を減らすことのほうが、収入を多くするより、何倍も大切です。

収入は自分ではなかなかコントロールできませんが、支出のコントロールは今から自分でできることだからです。

努力や工夫しだいで、驚くほど節約は実現できてしまいます。

稼ぐためには、体力、時間、昇格などが関係しているため、今すぐというわけにはいきません。

昇給というのは、他人がコントロールすることです。

 

しかし、節約は、あなたしだいでいかようにもなることです。

1万円が欲しいとき、1万円稼ぐことより、1万円節約できないかと考えてください。

「お金を稼ごう」と思うのではなく「お金を節約しよう」と考えましょう。

稼ぐことより、節約するほうが、簡単に実現できる場合がほとんどです。

節約は、どんな人にとっても大切な生きていくための心がけです。

お金持ちは収入が多いからお金持ちになったのではありません。

たくさん儲けようとするのではなく、少なく使うように心がけた結果、お金が貯まっていったのです。

お金持ちほど、節約家が多い。

貧乏な人は、まったく収入がないわけではありません。

支出が多く、節約をしていないから、貧乏なのです。

心がけの結果が、お金持ちか貧乏かの明暗を分けています。

お金持ちと貧乏は、生活習慣が反映された結果なのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その9
  • たくさん儲けようとするより、少なく使うように、心がける。
次のページ >>
いらない物を捨てると、お金も節約できる。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品