金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り7 読んだ
17

お金によるトラブルを経験すると、
金銭感覚に変わる。

お金によるトラブルを経験すると、金銭感覚に変わる。 | 金銭感覚を身につける30の方法

お金について勉強するためには、トラブルも大切です。

「お金は怖いな」ということを知るために、一度トラブルを経験して、本質を知ることです。

お金は、生き物ではありませんから、動きも、しゃべりも、話したりもしません。

単なる道具です。

 

しかし、たった100円玉1つで、人間は大喧嘩をすることがあるのです。

 

たとえば、お金の貸し借りで喧嘩をして、友達を失うという経験です。

一度ひどい経験をすれば、お金の怖さがよく分かります。

特に自分で稼いだお金を通じて、貸し借りのトラブルが発生したとき、大変な怒りを感じることでしょう。

自分が苦労して稼いだお金だけに、その怒りは想像をはるかに超えるものです。

テレビでは、金銭問題で裁判になったり喧嘩になったりするケースをよく見かけます。

学生時代の私は「それくらいのお金で大喧嘩しなくてもいいのに」と、のんきなことを考えていました。

 

しかし、自分が仕事をするようになって稼ぐようになると、その気持ちも分かるようになるのです。

たった100円でも、血と汗と涙の混じっているお金だけに、そのトラブルも怖いのです。

私の両親も「お金は怖いぞ。使い方には十分注意しなさい」と、厳しく言います。

2人ともお金によるトラブルを経験したことがあるから、その怖さを十分に痛感しています。

教科書から学べることではないのです。

生で体験して初めて分かること。

もしあなたがお金のトラブルに見舞われたときには、相手ばかりを攻めるのではいけません。

お金は、本来怖いものなのです。

その怖さを知らなかった自分に対して、勉強不足であったと気づきましょう。

自分の勉強不足に怒りを感じ、未然に防ぐことができなかった自分に対して反省しましょう。

「お金はこれほど怖いものなんだ」

「自分の勉強不足が情けない」

「今度からは、お金のやりとりの対策を立てよう」

お金で怒りを感じたときは、金銭感覚を養うチャンスです。

トラブルを経験して、お金の本質が見えてくるのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その17
  • お金の怖さを知る。
金銭感覚を身につける理由は、心配を小さく、幸せを大きくするためである。

もくじ
金銭感覚を身につける30の方法
お金によるトラブルを経験すると、金銭感覚に変わる。 | 金銭感覚を身につける30の方法

  1. 人間は、金銭感覚がゼロの状態で生まれてきた。
  2. 自分で働いて稼いだお金で、生活をする!
  3. 親のお金で生活しているうちは、本当の金銭感覚は絶対に身につかない。
  4. 苦労は、あなたがしないと意味がない。
    苦労した経験が、金銭感覚に変わっていく。
  5. 痛みから回避することとなると、人間は底力を発揮する。
  6. 「それは本当に必要なのか」
  7. 100への道のりは、終わりのない道のり。
  8. 最新を求める人は、お金も貯まらない。
  9. たくさん儲けようとするのではなく、少なく使う。
  10. いらない物を捨てると、お金も節約できる。
  11. 身にあまる生活は、浪費への第一歩。
  12. 箸が1膳の間にお金を貯めろ。
  13. 面倒なことから逃げていると、お金が貯まらなくなる。
  14. 物がなくても、人間、生きていけるもの。
  15. 節約は、ゲームとして考えれば、楽しくなる。
  16. 金銭感覚を磨くことは「痛み」と「後悔」を知ること。
  17. お金によるトラブルを経験すると、金銭感覚に変わる。
  18. 金銭感覚を身につける理由は、心配を小さく、幸せを大きくするためである。
  19. 節約ができても、幸せを失っては意味がない。
  20. 本当に大切なところにお金を使い、どうでもよいところは一切お金を使わない。
  21. 見栄を張るほど、お金は消える。
  22. 質素な生活を笑いに変えて、お金も貯めよう。
  23. お金の使い方に、人となりが表れる。
  24. クレジットカードを使っていると、金銭感覚がおかしくなる。
  25. ローンを組むときは、長期にするのがおすすめ。
  26. 貧乏ではなくても、貧乏だと宣言しておこう。
  27. お金の失敗を授業料と考えた瞬間から、金銭感覚へと変わる。
  28. お金の値段は、世間が決める。
    物の価値は、自分が決める。
  29. 割り勘をやめると、人間関係が長続きする。
  30. お金を拾うのは、お金を助けているのと同じこと。

同じカテゴリーの作品