人生の教科書



ファッション
本当に気に入った服は、諦めない。
貯金して買えばいい。
スキンケア
なぜ化粧品の値段は、差が大きいの?
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り19 読んだ
28

お金の値段は、
世間が決める。
物の価値は、
自分が決める。

お金の値段は、世間が決める。物の価値は、自分が決める。 | 金銭感覚を身につける30の方法

お金の値段は、世間が決めています。

100円という値段は、社会が決めています。

100円で物をどのくらい購入することができるのかは、世間が決めることですから、状況に応じて変動します。

 

しかし、物の価値は、世間が決めることはできません。

自分が決めることなのです。

自分の価値観は、世間の風など関係ありません。

必要性の強弱によって、価値が決まります。

1,500円の本が、1冊あります。

この値段は、世間が決め、社会が決めています。

 

しかし、私にとって1,500円という値段は、安すぎると感じます。

「1,500円以上の価値」を感じるからです。

著者の体験、学びが詰まった本は、大変な高価値のある商品です。

私の代わりに失敗をして得た学びを、分かりやすく説明してくれています。

価値の塊にしか考えられません。

 

しかし、その一方、1,500円を高いという人もいます。

本に興味がなく、まったく読まない人は、1,500円を高いといいます。

値段は変わりませんが、価値は人によって変わるのです。

値段が高いから価値があると思うのは、世間に流されている証拠です。

値段は、そのときの需要と供給の関係から、決まるだけです。

少なくて珍しいと高い値段が付いてしまい、十分に供給されていると安い値段が付いてしまいます。

値段は、不安定です。

価格は、そのときの変動相場です。

高い値がつけられているブランド品が、自分にとって価値があるかは、別問題です。

値段を基準に価値を決めていると、自分の価値観とずれが生じてしまい、自分らしくなくなってしまうのです。

自分の価値観から商品を選び、購入することです。

値段を基準に商品の善しあしを決めてはいけません。

「あなたにとっての善しあし」で決めるのです。

それが、ブランド品ではなくてもかまいません。

「これはいいぞ」「これが欲しい」という自分の価値観を中心に商品を選びましょう。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その28
  • 自分の価値観から、商品を選ぶ。
次のページ >>
割り勘をやめると、人間関係が長続きする。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品