人生の教科書



金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り16 読んだ
3

親のお金で生活しているうちは、
本当の金銭感覚は絶対に身につかない。

親のお金で生活しているうちは、本当の金銭感覚は絶対に身につかない。 | 金銭感覚を身につける30の方法

私は学生時代、親からの仕送りに頼って生活していました。

学生は仕事が勉強ですから、お金の面に関してはもっぱら親からのお金が命綱です。

限られた資金の中で、生活をやりくりしていたものです。

 

しかし、今思えば、当時の私は金銭感覚を身につけた「つもり」になっていただけでした。

限られた資金の中でやりくりできるようになると、金銭感覚が身についているような感覚になります。

「1カ月を15万円で生活しなさい」と言われ、15万円の範囲で生活ができると「やればできるではないか」と自信をつけます。

でも、本当は、自分で稼いだお金を自分で使うときに、本当の金銭感覚が養われるのです。

自分で作った料理が一番おいしく感じるように、自分で稼いだお金が最も価値を感じます。

親からもらった1万円と自分で稼いだ1万円は、天と地ほどの差があります。

金額の問題ではないのです。

稼ぐために伴ったプロセス・努力・苦労・時間が、問題なのです。

親からの仕送りは、親が稼いだお金です。

そのお金には、努力も苦労も情もありません。

自分のお金でも、軽く使ってしまうのです。

たとえ生活の範囲内でも、痛みを感じないでお金を使うことは、金銭感覚はないということです。

学生時代の私は、勉強不足の青二才だったのです。

本当の金銭感覚は、自分が稼いだお金で生活をするときに、初めて分かります。

自分で稼いだお金で、一人暮らしをするのが一番理想的です。

衝撃的に、金銭感覚というものを、痛みを通じて感じることができるようになります。

  • 「ああ。100円はこれほど重い金額なのだ」

  • 「トイレットペーパーに200円も使うのはもったいないな」

  • 「缶コーヒーが120円もする!」

  • 「電気代がもったいない」

小さな金額に対して、強く敏感に反応するようになります。

たった100円が、重く感じるのです。

今になって学生時代の私を振り返ると、子供だと思わずにいられません。

親からのお金に頼って生活している間は、本当の金銭感覚は、身につけられないのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その3
  • 自分で稼いだお金を使い、本当の金銭感覚を身につける。
次のページ >>
苦労は、あなたがしないと意味がない。
苦労した経験が、金銭感覚に変わっていく。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品