人生の教科書



金銭感覚
「それは本当に必要なのか」
金銭感覚
物がなくても、人間、生きていけるもの。
金銭感覚
節約ができても、幸せを失っては意味がない。
金銭感覚
貧乏ではなくても、貧乏だと宣言しておこう。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り13 読んだ
15

節約は、
ゲームとして考えれば、
楽しくなる。

節約は、ゲームとして考えれば、楽しくなる。 | 金銭感覚を身につける30の方法

節約は、苦しみと考えてはいけません。

我慢でもなく、辛抱でもなく、根性でもありません。

ゲームとして考えるのです。

テレビゲームをしているように、楽しく面白く考え、実践していくことです。

節約に取り組みやすくなり、苦労と思わなくなります。

私はいつも手帳の中には、常に1カ月ごとにかかる収入と支出の関係を書き出しています。

「そんな面倒なことを」と思う人もいるでしょうが、私にはこれが楽しくて仕方ないのです。

どのくらいのお金が入り、どのくらいのお金が出ていくのかを、図表を使い、具体的に書き出しています。

「まだ無駄なところがあるのでは? もっと節約できないか?」と考えることができ、試行錯誤が楽しくなります。

全体を眺めることができるおかげで「おや、ここにお金がかかっているな」ということも見えてきます。

低い数字が並んでいる中、高い数字が1つあると、目立って見えてきます。

その高い数字を、何とかして下げることができないかと考えるようになれば「苦しさ」より「面白さ」のほうが強くなります。

考えるようになるとはいえ、難しい話ではなく、ゲーム感覚です。

もっと安いサービスがあるのではないか。

安い代替手段があるのではないか。

実は無駄遣いをしているのではないか。

友達はどうしているのかな。

さまざまな可能性に目を向けて考えていると、もはやゲーム感覚なのです。

自分の生活の無駄なところを見つけて改善することは、快感です。

同じサービスを提供していても、より安いものを見つけると「やった!」と思います。

コンビニで販売している130円のミネラルウォーターを、100円ショップで見つけると、嬉しくなります。

母も、相当な節約家です。

10円安いだけで、嬉しそうな表情をします。

節約できることが分かるとほほ笑んでいた母の気持ちが、最近私もようやく分かるようになりました。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その15
  • 節約は、ゲームとして考える。
次のページ >>
金銭感覚を磨くことは「痛み」と「後悔」を知ること。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品