人生の教科書



金銭感覚
道ばたに1円が落ちていても、堂々と拾う人がお金に好かれる。
金銭感覚
お金によるトラブルを経験すると、金銭感覚に変わる。
金銭感覚
お金の自慢は、身を滅ぼす習慣。
金銭感覚
痛みから回避することとなると、人間は底力を発揮する。
金銭感覚
この世は、お金中心で回っている世界。
お金で解決できることのほうが多い世の中だ。
金銭感覚
お金は働いて得られるもの。
決してもらうものではない。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り16 読んだ
30

お金を拾うのは、
お金を助けているのと同じこと。

お金を拾うのは、お金を助けているのと同じこと。 | 金銭感覚を身につける30の方法

  • 「おや。こんなところに、お金が落ちている!」

道端を歩いていると、ときどき落ちているお金を見かけることがあります。

財布にお金を入れる瞬間、うっかり道に落ちたのでしょう。

落ちているお金を見つけたとき、あなたはどのような態度を取るタイプですか。

お金に対してどんな気持ちを持っているのかが表れる瞬間です。

ここで、お金を拾うのが卑しいことだと考える人がいるのです。

  • 「お金を拾うなんて、恥ずかしい」

  • 「品性がないことではないか」

  • 「貧乏人だと思われないかな」

まったくそういうことを考える必要はありません。

お金を拾うのは、恥ずかしいどころか、素晴らしいことです。

お金は、経済を循環するものです。

道端に落ちているお金は、何らかの事情で、経済循環から取り残されてしまった状態です。

仲間外れになっています。

1人きりは寂しいですね。

だからこそ、あなたが拾って助けてあげましょう。

きちんと立ち止まってお金を拾えば、再び経済循環に戻ることができるのです。

お金を助けていると言えます。

お金を拾う人は、卑しい人や貧乏人ではなく、助けている人です。

お金に対する愛情がある人です。

そういう人がお金から好かれます。

たとえ1円でも、拾いましょう。

1円くらい拾っても仕方ないと思うのは、金銭感覚があるとは言えません。

1円でも、お金はお金です。

お金は、助けてくれる人のことを好きになります。

1円でも拾った人をお金は「何て優しい人なのだろう。おかげで経済循環に戻れます。お礼として友達を紹介します」と喜んでいます。

そういう優しい心を持った人こそ、お金から好かれるのです。

後日、お金がお金の友達を連れて、再び戻ってくるのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その30
  • たった1円でも、堂々と拾えるようになる。
次のページ >>
まとめ

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品