人生の教科書



金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り13 読んだ
19

節約ができても、
幸せを失っては意味がない。

節約ができても、幸せを失っては意味がない。 | 金銭感覚を身につける30の方法

あなたは、節約をどう考えていますか。

節約を心がけようとすると、たいてい次の2とおりのどちらかになります。

  1. 節約するために幸せを制限する
  1. 幸せになるために節約する

 

さて、基本的なことですが、どちらが大切か、もうお分かりですね。

もちろん(2)「幸せになるために節約する」ということが、本来の節約の目的です。

 

しかし、ときどき節約ばかりで頭がいっぱいになり「(1)節約するために幸せを制限する」の状態になっている人を見かけます。

少しでも安い物を買うために、遠くのスーパーへ出かけ、支度に間に合わず、家族の夕飯に差し支えるのでは意味がありません。

節約するためには、何もしないことが一番ですが、何もしない生活も寂しい。

安いものばかりのため、食事が偏ってしまい、健康を失っては意味がありません。

節約のために、電話をすべて解約して、友達を失うことになっては本末転倒です。

交際費を削るために友達を捨てては、幸せはどこで感じるのでしょうか。

節約は、あまりに過度になると、幸せを奪っていく作用があることに注意が必要です。

「節約するために幸せを制限する」のではありません。

「幸せになるために節約する」のです。

節約ができても「不幸だ」と感じてしまうなら、改善の必要があると考えましょう。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その19
  • 幸せを奪うほどの過度の節約には、気をつける。
次のページ >>
本当に大切なところにお金を使い、どうでもよいところは一切お金を使わない。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品