人生の教科書



同棲
物を増やすのに、努力は不要。
物を減らすには、努力が必要。
プラス思考
すっきりした部屋では、すっきりした生活が送れる。
自分磨き
いらない物は、徹底的に捨てる。
住まい
他人に捨ててもらうと、捨てられる。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り30 読んだ
14

物がなくても、
人間、
生きていけるもの。

物がなくても、人間、生きていけるもの。 | 金銭感覚を身につける30の方法

節約といえば、マイナスのイメージが目立ちます。

我慢、辛抱、苦しみなどです。

暗い印象は、失うことばかり見ているからです。

節約によって得られることに目を向けると、実際、楽しく感じるものです。

支出を極限まで抑える工夫は、ゲームです。

人間は慣れてくると、我慢による苦しみの感覚さえ、麻痺してきます。

私が社会人になったころ「こんな浪費生活ではいけない!」と一念発起して、徹底的な節約を始めた時期がありました。

部屋の中の無駄な物は、徹底的に一掃したことがあります。

一度部屋の中を見渡し「使っていないもの」「なくても生きていけるもの」は、惜しみなく捨ててしまいました。

どれくらい捨てたかというと、ほとんどの物です。

冷蔵庫を捨て、テレビを捨て、電子レンジを捨て、テーブルを捨て、お風呂を捨て、ベッドを捨て、必要のない服を捨てました。

当時は、10畳ほどあった部屋から、風呂なし畳4畳半の部屋へと引っ越しました。

部屋のものはすっかりなくなり、部屋の広さも半分以下です。

何もない生活になりましたから、電気代も半分以下、水道代も半分以下、ガスは使っていないので0円。

家賃も68,000円から29,000円になり、半分以下となり、大きな変化でした。

もちろんすべてが順調だったわけではありません。

突然の生活の変容ぶりに、初めは我慢の連続でした。

「狭いなあ。苦しいな。貧乏くさいな」と思った時期もありました。

 

しかし、人間は慣れる生き物です。

1カ月も経たないうちに、私はその「何もない生活」に慣れてしまいました。

今では、普通に感じるようになりました。

どんなへんぴなところでも、住み慣れてしまえば、住みよいと感じてしまうものです。

当時は狭いと感じた4畳半さえ、今では広く感じてしまうようになりました。

部屋に何もないと、4畳半でも広く感じます。

「ものがなくても、人間、生きていけるものだ」と、のんきに思ったものです。

一番嬉しいのは、お金のことです。

支出が大幅に減ったので、残高が減っていく生活から、増えていく生活へと好転し始めました。

金銭的な余裕ができたことで、物質的制限はあるものの、かえって精神的自由が増えたのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その14
  • 支出を、極限まで抑える。
次のページ >>
節約は、ゲームとして考えれば、楽しくなる。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品