人生の教科書



金銭感覚
お金の痛みが、その人の強さに変わる。
金銭感覚
お金持ちになれても、家庭崩壊では意味がない。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り24 読んだ
26

貧乏ではなくても、
貧乏だと宣言しておこう。

貧乏ではなくても、貧乏だと宣言しておこう。 | 金銭感覚を身につける30の方法

年を取ってくると、親のしていた不可思議な行動が理解できるようになってくるときがあります。

大人の行動ですから、意味のない行動はありません。

ただ子供のころは、理解が浅いため、大人の行動がなかなか理解できないものです。

 

しかし、自分も成長して大人になると、当時は理解できなかった親の行動が理解できるようになります。

そのエピソードの1つに、母の口癖がありました。

私の母には「水口家は貧乏。お金なんてない」と、よく口にする口癖がありました。

口癖というより、これでもかというくらいに、強調するのです。

子供のころは「そうなんだ」というくらいにしか思っていませんでした。

私がだんだん成長してくると、水口家の事情も分かるようになります。

「思ったより土地もお金もあるし、なぜそこまで貧乏と強調するのかな」と思うようになっていました。

子供だった私には、自分の家が貧乏だと強調する母の気持ちが、まだ理解できないでいました。

のちに、私は社会人になり東京で一人暮らしを始め、自分で稼ぎ、生活するようになりました。

すると、いつの間にか、私も「貧乏なんです」という言葉が口癖になっていました。

  • 「おや。母と同じ言葉が口癖になっている」

自分で驚いたものです。

いつの間にか私も母と同じように、自分のことを反射的に貧乏と強調するようになっていました。

自分がそうするようになったとき、なぜ母が貧乏だと強調しているのかが、ようやく理解できたのです。

お金による、しがらみやトラブルから、避けるためだったのです。

自分にはお金がないことをあらかじめ宣言しておくと、周りの人から借金をお願いされることがなくなります。

貧乏だと思われれば、無理やりファッションに気を使う必要もなく、お金がかかりません。

地味な格好をしていても、貧乏だからという理由から、それでちょうどよくなります。

もしかっこつけて「私の家はお金がある。お金持ち」なんていっているとどうなると思いますか。

お金持ちらしく身なりを整え、体裁を整えなければならなくなり、お金が必要です。

また「お金があるなら貸してくれよ」と、周りからせびられるようになるでしょう。

お金に関わるしがらみが増え、悩みも増えます。

貧乏人だといっておけば「貧乏人には用はない」と思われ、つまらない出来事をあらかじめ避けることができるようになります。

「貧乏」とそうでなくても宣言しておくことで、お守りのような役目を果たしてくれるのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その26
  • お金はあっても「貧乏なんです」と宣言しておく。
次のページ >>
お金の失敗を授業料と考えた瞬間から、金銭感覚へと変わる。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品