人生の教科書



金銭感覚
買い物は、できるだけ現金で買うほうがいい。
情報力
クレジットカードを使うことで、数字が分からなくなる。
旅行
大胆に言えば、現金がなくても、海外旅行はできる。
食事マナー
テーブルマナーの上級者は、現金による支払いを嫌がる。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り23 読んだ
24

クレジットカードを使っていると、
金銭感覚がおかしくなる。

クレジットカードを使っていると、金銭感覚がおかしくなる。 | 金銭感覚を身につける30の方法

今、現金を持たないで買い物をできるシステムが増えています。

クレジットカードは、その代表です。

クレジットという信用により、一時的に借金をして、後で払うというシステムです。

クレジットカードを一度持つとすぐ分かるのですが、大変便利です。

簡単に大金を使えます。

にもかかわらず、お金を使っていないような錯覚になります。

現金を見ていないし、触れていないからです。

お金を使うときに財布からお金を出して、自分の目で確かめますが、クレジットカードでは実際のお金が登場しません。

お金を使っているけれど、使っていないような感覚になるのです。

クレジットカードは、消費者の金銭感覚を狂わせ、少しでもたくさんお金を使わせるようにできています。

私たちの中にも、その罠に引っかかっている人が増えています。

「いつの間にかこんなにお金を使っていた」という経験はありませんか。

クレジットカードばかり使っているから、金銭感覚がおかしくなってしまったのです。

ひどい場合では、自己破産という最悪のケースもあります。

現金を持たないで買い物をし始めると、金銭感覚が狂ってくるため、注意が必要です。

支払いの基本は、必ず現金にするように気をつけましょう。

日頃からどんどんクレジットカードを使う習慣が付いていると、どのくらい自分が使ったのか分からなくなります。

「現金ではどうしても購入できないときに、初めてクレジットを使う」というくらいでいい。

「現金で支払うのは面倒」だからこそ、いいのです。

面倒くささは、金銭感覚を養うために大切なのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その24
  • 基本は現金で支払う。
  • 現金では購入できないときに、初めてクレジットカードを使う。
次のページ >>
ローンを組むときは、長期にするのがおすすめ。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品