人生の教科書



金銭感覚
金銭感覚を磨くことは「痛み」と「後悔」を知ること。
金銭感覚
自分で働いて稼いだお金で、生活をする!
経営術
もたもた始める改善は、思ったほど不況対策にはならない。
金銭感覚
お金持ちは、楽をして稼ごうとしない。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り19 読んだ
5

痛みから回避することとなると、
人間は底力を発揮する。

痛みから回避することとなると、人間は底力を発揮する。 | 金銭感覚を身につける30の方法

痛みを感じると、人間の底力がむくむく出てくるようになります。

痛みから回避しようとする底力です。

人間は、痛みから回避することとなると、考えられないような力を発揮します。

知恵を絞り、仲間と協力して、少々の運動も、ものともしません。

痛みは、生存に関わることです。

命に関わることとなると、命を懸けて、本気で考えるようになります。

私は学生時代、お金を水のように使っていました。

「親のお金だから」という、甘い考えがあったのです。

自分で働いて稼いだお金ではないため、親からもらったお小遣いを軽く使っていました。

苦労したのは、社会に出てからです。

痛みが分かりませんから、いつの間にかお金が消えてなくなっています。

なくなるのですから、どこかで使っているのでしょうが、どこかよく分からないのです。

よく分からないまま、お金だけはどんどん減っていきました。

この驚きは強烈です。

お金が不思議なことに消えていくのですから、泥棒がとっていったのかと思うほどでした。

 

しかし、実際は、泥棒が入ったわけではなく、財布を落としたわけでもなく、ただ金銭感覚がなかっただけでした。

お金を使うときに痛みがないから、いつの間にかお金を使っていたのでした。

金銭感覚のない私はいつの間にか、お金が流れ出ていたのでした。

買い物をするときにも、深く考えることなく「欲しい」という感情的な理由で次々と購入します。

だからお金が貯まりません。

むしろ、減っていく一方です。

金銭感覚が薄いため、お金1円の重要さ、痛みが分からないのです。

お金を使うことは、痛みを感じることです。

1円使えば、1円の痛みがあります。

100円使えば、100円の痛みがあります。

  • 「痛い! 痛い!」

お金を使うことに痛みを感じるようになれば、感覚が養われてきたということです。

お金の痛みを知るようになると、さて、どうなるでしょうか。

お金を使うほど痛いから、だんだんお金を使わなくなるようになるのです。

お金を使う量が少なければ、それだけ痛みも小さくてすみます。

お金に痛みを感じることができるようになれば、お金をできるだけ使わずに、商品を購入する方法を真剣に考え始めるでしょう。

痛いのは、誰でも嫌だからです。

人間は、苦しみから回避するためには、大きなパワーを発揮します。

生存や安全を確保しようとするのは、人の基本的な欲求です。

命に関わることとなると、本気で知恵を振り絞り、真剣になって考えるようになるのです。

社会に出た私は、一人暮らしだったため、お金は急激に減っていきました。

 

しかし、幸いにも、自分のお金で生活をするという暮らしをしていたため、お金の感覚が感じられるようになったのです。

自分で苦労をして稼いだお金で、完全に1人で生活をすることです。

親からもらったお金100万円も、残り20万を切ったところで、ようやく感覚が感じられるようになりました。

社会人1年目のことでした。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その5
  • お金を使う痛みを、感じられるようになる。
次のページ >>
「それは本当に必要なのか」

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品