人生の教科書



アイデア発想
アイデアは、出せば出すほど、潤沢になる。
トラブル対処
愚痴を吐き出せば、最後は笑いで締めくくることが大切。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り15 読んだ
22

質素な生活を笑いに変えて、
お金も貯めよう。

質素な生活を笑いに変えて、お金も貯めよう。 | 金銭感覚を身につける30の方法

人を批判することは、簡単です。

それでいて、面白いものです。

 

しかし、あなたの印象が悪くなり、笑われる人も気持ちよくありません。

一時的な快感のためにすることは、覚醒剤のようです。

笑いのネタとして、他人の欠点は絶好の餌になりますが、出せても出してはいけない餌なのです。

笑いのネタは、自分の中から出すことです。

自分の失敗談や変わった性格、面白い出来事を使い、笑いのネタに変えてしまうことです。

自分をネタにすることは、恥ずかしいことです。

 

しかし、恥ずかしさを捨てると、笑いが取れます。

笑いも取れると、またお金も貯まるようになります。

私はいつも自分の質素な生活をネタにして、よく笑いを取っています。

冷蔵庫なし、テレビなし、電子レンジなし、風呂なしの「ないない生活」をしています。

これを人に話すと、大変驚き、また笑ってくれます。

質素な生活といえば、暗く寂しいイメージがありますが、これを笑いに変えてしまうのです。

「テレビがないから天気が分からない」と冗談交じりで話をすると、笑ってくれます。

「冷蔵庫がないから、ダイエットになる」というと、また笑ってくれます。

「ゴキブリと同居しているよ」と言えば、必ず大笑いになります。

恥ずかしいことを進んでやるということは、普通の人にはなかなかできないことです。

みんなかっこいい話や都合のいい話はしますが、恥ずかしい話はなかなかしようとしないからです。

自分の見栄を捨てた恥ずかしい話は、誰もがしないだけに、みんな興味を持って聞いてくれたり、笑ってくれたりします。

笑いは、自分をネタにしましょう。

自分をネタにする分には、誰にも迷惑がかかりませんから問題ありません。

質素な生活をして、恥ずかしさを捨て、笑いを取れれば、友達も増えるのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その22
  • 質素な生活を笑いに変えて、友達を作る。
次のページ >>
お金の使い方に、人となりが表れる。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品