人生の教科書



金銭感覚
親のお金で生活しているうちは、本当の金銭感覚は絶対に身につかない。
金銭感覚
自分で働いて稼いだお金で、生活をする!
金銭感覚
節約は、ゲームとして考えれば、楽しくなる。
金銭感覚
「それは本当に必要なのか」
金銭感覚
物がなくても、人間、生きていけるもの。
金銭感覚
痛みから回避することとなると、人間は底力を発揮する。
金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

お気に入り23 読んだ
4

苦労は、
あなたがしないと意味がない。
苦労した経験が、
金銭感覚に変わっていく。

苦労は、あなたがしないと意味がない。苦労した経験が、金銭感覚に変わっていく。 | 金銭感覚を身につける30の方法

金銭感覚を身につけ、養う方法は「自分で働いて稼いだお金で、生活をすればいい」というだけです。

ご存知とは思いますが、いま一度、注意をさせてください。

どんな条件であろうと、必ずお金を稼ぐ苦労は、あなたがしましょう。

親のお金で生活できる状態でも、親のお金を頼りにしてはいけないのです。

親のお金は、親が汗を流して苦労して稼いだお金です。

苦労は、あなたではなく、親がしています。

親のお金で生活しても、あなたの苦労とお金とは、まったく結びつかないのです。

あなたの苦労とあなたのお金とを結びつけて、手をつながせることが目的です。

そこで、金銭感覚が養われます。

汗を流して苦労をするのは、必ずあなたでなければいけません。

「自分の苦労=自分のお金」というふうに結びつけないと、本当の感覚が養われていかないのです。

 

たしかに親のお金で生活するのは、楽です。

楽ですが、いずれ親はあなたより早く先に死んでしまいます。

そのときに、あなたがすでに自分一人で生活できるくらいに大人になっていないと、親がいなくなってから困ってしまいます。

いずれにせよ、苦労をすることになるでしょう。

苦労が、早いか遅いかの違いです。

親と一緒にいると生活が楽だという人は、苦労を後回しにしているだけであって、いつかは経験しなければならないことです。

若くて体力のあるうちに、お金の感覚を身につけておかないと、後になるほど大けがをするのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その4
  • 苦労は、自分がする。
次のページ >>
痛みから回避することとなると、人間は底力を発揮する。

もくじ
(金銭感覚を身につける30の方法)

同じカテゴリーの作品