金銭感覚

金銭感覚を身につける
30の方法

読んだ お気に入り17
16

金銭感覚を磨くことは
「痛み」と
「後悔」を知ること。

金銭感覚を磨くことは「痛み」と「後悔」を知ること。 | 金銭感覚を身につける30の方法

金銭感覚は、まずお金の感覚を知る経験が必要です。

感覚を知る経験とは、どのような経験でしょうか。

お金に関する、痛みと後悔です。

金銭の痛みを経験しなければ、痛みがどういうことか分かりません。

痛いことが分からないと、危険と感じることさえできません。

回避しようとする工夫もしません。

つまらないものを衝動買いしてしまい、1,000円使ってしまった。

1,000円が無駄になった。

この間違った買い物さえしなければ、1,000円はもっと有意義なことに使えたはず。

誰もが一度は経験する、衝動買いという後悔です。

私も今まで、何回、衝動買いで失敗したか、数え切れません。

衝動買いでは、痛みと後悔を感じます。

無駄な出費を減らすように心がけることが大切です。

 

しかし、誰でも金銭感覚がない状態で生まれてきました。

ですから、一度は必ず衝動買いをして、痛みと後悔を体験する機会をします。

この失敗により、痛みと後悔を繰り返していくと、次第に感覚が養われ、敏感になります。

衝動買いを危険と感じることができるようになり、回避するために工夫に頭を使うようになるのです。

痛みと後悔は早いうちに経験しておき、感覚を身につけておくことが大切なのです。

経験を一度もしないで学ぶというのは、あり得ないことです。

一度もけがをしたことのない人が、けがの痛みを知ることがあり得ないように、お金の失敗もしていいのです。

 

しかし、失敗をしたら、その痛みと後悔を存分に味わい、感覚を体に染み込ませておくことです。

同じ経験を二度としないように工夫をすることで、お金の使い方が上手になるのです。

まとめ

金銭感覚を身につける方法 その16
  • 衝動買いをして、痛みと後悔を体験する。
お金によるトラブルを経験すると、金銭感覚に変わる。

もくじ
金銭感覚を身につける30の方法
金銭感覚を磨くことは「痛み」と「後悔」を知ること。 | 金銭感覚を身につける30の方法

  1. 人間は、金銭感覚がゼロの状態で生まれてきた。
  2. 自分で働いて稼いだお金で、生活をする!
  3. 親のお金で生活しているうちは、本当の金銭感覚は絶対に身につかない。
  4. 苦労は、あなたがしないと意味がない。
    苦労した経験が、金銭感覚に変わっていく。
  5. 痛みから回避することとなると、人間は底力を発揮する。
  6. 「それは本当に必要なのか」
  7. 100への道のりは、終わりのない道のり。
  8. 最新を求める人は、お金も貯まらない。
  9. たくさん儲けようとするのではなく、少なく使う。
  10. いらない物を捨てると、お金も節約できる。
  11. 身にあまる生活は、浪費への第一歩。
  12. 箸が1膳の間にお金を貯めろ。
  13. 面倒なことから逃げていると、お金が貯まらなくなる。
  14. 物がなくても、人間、生きていけるもの。
  15. 節約は、ゲームとして考えれば、楽しくなる。
  16. 金銭感覚を磨くことは「痛み」と「後悔」を知ること。
  17. お金によるトラブルを経験すると、金銭感覚に変わる。
  18. 金銭感覚を身につける理由は、心配を小さく、幸せを大きくするためである。
  19. 節約ができても、幸せを失っては意味がない。
  20. 本当に大切なところにお金を使い、どうでもよいところは一切お金を使わない。
  21. 見栄を張るほど、お金は消える。
  22. 質素な生活を笑いに変えて、お金も貯めよう。
  23. お金の使い方に、人となりが表れる。
  24. クレジットカードを使っていると、金銭感覚がおかしくなる。
  25. ローンを組むときは、長期にするのがおすすめ。
  26. 貧乏ではなくても、貧乏だと宣言しておこう。
  27. お金の失敗を授業料と考えた瞬間から、金銭感覚へと変わる。
  28. お金の値段は、世間が決める。
    物の価値は、自分が決める。
  29. 割り勘をやめると、人間関係が長続きする。
  30. お金を拾うのは、お金を助けているのと同じこと。

同じカテゴリーの作品